FX口座開設キャンペーンまとめ

FX口座開設の審査


FXは外国為替取引専用の口座を開設しないと取り引きできません。

FXを始めようと思った時、まずはFX専用の口座開設の申し込みをする必要があります。
しかし、初心者にはここがハードル高く感じてしまうんですよね。
具体的な記入例がないから「こんな感じの書き方で審査に通るのか」って。

 ・申し込み欄はどういう感じに記入したらいいのだろうか
 ・FXの口座開設の審査って、どんな内容なのか(審査に落ちなたりしないか)
 ・本人確認の際、職場の社名や電話番号を書く欄があるけど、自分の職場にFX会社から電話がかかってきたりしないのか
 ・マイナンバーの通知書類の画像転送って大丈夫なのか
(2016年1月以降から口座開設する場合、マイナンバーの通知が必須)

いろいろと分からないので不安です。

誰でも最初は、

審査って厳しいのか?(年収低いし投資経験なんてないし)
職場に電話がかかってくることはないの?(職場にばれたくない!)

と、不安はあります。

しかし、「審査が怖いから」とFXをあきらめるのはもったいないんです。

もちろん、損をすることもあるのがFXなので油断は禁物ですが、いつでも、どこでも時間の融通が利くFXはサラリーマンにおすすめです。

何故FXがサラリーマンにおすすめかというと、FXは、平日のみ、しかも15時で終わる株とは違って、仕事終わりの夜~朝方、早朝など、取り引きできる時間が長いので忙しいサラリーマンには特におすすめなんです。

だから正社員で朝9時から夜は21時まで働いている私のようなサラリーマンでも、利益をだすことができました!

FXの口座開設の際の「審査」とはどんなものか

FXの口座開設についての流れや必要なものって何?と気になることはたくさんありますが(「審査」内容も)、まずは審査も何もそもそも応募資格のない「FXの口座を開設ができない人」がいるということを知ってきましょう。

審査どころかそもそもFXの口座開設ができない人

・本人確認書類と現在住んでいる住所が一致しない人
・20歳未満の人
 (SBIFXは18歳以上から可能)
・75歳以上の人
・日本人でも海外在住の人
 (ヒロセ通商では住んでいる国でFXがOKな場合は口座開設可能)

FX会社によって多少の違いはありますが、
上記の方は残念ながらFXの口座開設ができません。

FXの審査の内容

残念ながら国内の代表的なFX会社では審査内容は公表していません。
つまり、具体的な審査基準はわかりません。

業者によって審査基準は大きく違います。
株中心の大手証券会社は審査が厳しいです。
あえて大手証券会社を選択するメリットはありませんから、中堅以下の証券会社やFXをメインにしている業者を選択したほうがいいでしょう。

FX会社が「審査」の詳細は知ることができませんでしたが、よく聞く話では、
■投資用資金と資産の関係(余裕ある資金で投資しているか)

ここのバランスに気を付けてFX投資をすることは、申込み時に限らず重要になってきます。
なので、サラリーマンの会社のランクや役職、収入(多少は関係あるけど)が審査に影響するわけではなさそうです。

【こちらの記事がおすすめ】

FX口座開設する前に抑えておきたい17のこと

FX口座開設の審査基準~審査で落ちる原因とは~

FX口座開設とマイナンバー

 

最終更新日:2017/03/21

This site is protected by wp-copyrightpro.com