FX口座開設キャンペーンまとめ

FX会社人気ランキング


初心者にやさしいFX会社ランキング

 

FX業者には信頼できる会社と、あまり大きな声では言えませんが、不安のある会社もたくさん存在します。安易に、FX業者(FX会社)に口座を開設して入金することは絶対に避けてください!

過去に、よく調べもせずに悪質なFX業者に多額のお金を入金して、FX業者が破綻してお金が返ってこなくなったなんてことも!

プロの目から見ても信頼できる優良FX業者で、安心してFX取引を楽しみながら資産を増やしましょう!

自宅PCで、スマホで!気軽に副収入!
「気軽にお小遣い稼ぎがしたい」 「ちょっとした副 収入が欲しい」 そんな要望を叶えてくれるかも知れないのです。

自分の取引したい通貨の手数料が少ない会社や、最低取引額の低さなどが参考になります。

後述しますが、決め手に欠ける場合は、キャッシュバックキャンペーンなどもチェックしておけば、複数のFX口座を開設する場合には、大変お得になる場合があります。

 

FX会社 スプレッド キャッシュ
バック
金額

米ドル
/円

ユーロ
/円

ユーロ
/米ドル

豪ドル
/円

GMOクリック証券

0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 0.5P原則固定 0.7銭原則固定 最大
25,000円

DMM.com証券

0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4P原則固定 0.7銭原則固定 最大
20,000円

SBI FX トレード

0.27銭原則固定※1万通貨まで 0.69銭原則固定※1万通貨まで 0.48P原則固定※1万通貨まで 0.77銭原則固定※1万通貨まで 最大
500円

外為オンライン

1銭原則固定 2銭原則固定 1P原則固定 3銭原則固定 最大
5,000円

ヒロセ通商 LION FX

0.3銭原則固定※例外あり 0.5銭原則固定※例外あり 0.4P原則固定※例外あり 0.7銭原則固定※例外あり 最大
50,000円

みんなのFX

0.3銭原則固定※例外あり 0.6銭原則固定※例外あり 0.5P原則固定※例外あり 0.7銭原則固定※例外あり 最大
20,000円

YJFX!

0.3銭原則固定※例外あり 0.6銭原則固定※例外あり 0.5P原則固定※例外あり 0.7銭原則固定※例外あり 最大
27,000円

FXブロードネット

0.3銭変動制 0.5銭変動制 0.3P変動制 0.6銭変動制 最大
20,000円

外為どっとコム

0.3銭原則固定※例外あり 0.6銭原則固定※例外あり 0.5P原則固定※例外あり 0.7銭原則固定※例外あり 最大
30,000円

JForex

0.3銭変動制 0.6銭変動制 0.3P変動制 0.6銭変動制 最大
20,000円

セントラル短資FX

1銭原則固定 2銭原則固定 0.8P原則固定 3銭原則固定 最大
20,000円
 
 

初心者の方のために

外国為替取引、FXはレートが上がるか下がるか二つに一つなのですから、普通にやっても50%の確率で利益を出す事ができるわけで、確率で言えば誰でも2回に1回は利益を出す事ができそうです。

 
しかし、”勝ち続ける”ことは決して容易な事ではありません。
2回に1回の勝利ではなく、勝ち続ける事が大切であり、難しいのです。
そして、どれほど読みが巧妙な人であっても、勝ち続ける事は100%不可能です。
 
すなわち、勝った時の利益は出来るだけ大きくし、負けたときの損失は出来るだけ小さくする事によって、トータルでの収支をプラスにするのです。

だからこそ、大切なのは負け方であり、そして勝った後の姿勢や負けた後の姿勢こそ大切となるのです。

 
正しい勝ち方・負け方は「勝つときには利益をできるだけ大きくし、負けたときには損失を出来るだけ小さくする」ことで、これが投資の鉄則です。
「損小利大」といいます。

FXのリスクって結局なに?

投資をする時にリスクが気になるのは当然ですね。
事前にしっかり調べて知っておけば、安心してトレードできるのです。

FXのトレードをした時に、借金を背負うリスクがあるか?

どのFX会社も口座開設時の説明に
「元本を超える損失が起こり得る」との表記があります。

分かりづらいのは、元本を超える損失とは何かだと思います。

FXの場合、普通にトレードをしていて、自分の思惑と逆に値がどんどん進んでいき、マイナス額が広がってきたときには、マイナス額が一定のラインを超えると強制決済(ロスカット)になります。

この場合、入金額以上に損失が膨らむことはありません。
口座に少し、お金が残って強制決済(ロスカット)になるからです。

元本を超える損失が起こるのは、この強制決済(ロスカット)がきちんと発動しなかった時ということになります。

次の2つのパターンです。

・システムが止まっているときの大きな値動き

・営業中の予想を超える値動き

どちらも可能性がゼロではないのですが、あまりにも気にしすぎるとトレードができなくなってしまいます。

何に注意すればFXで失敗しないの?

 

FX会社選びのポイント

FX会社選びのバロメータは取引ツールにあり-

複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめします。

-FXの口座開設は資金を運用、つまり取引して利益を上げることにあります。
ですから取引ツールがしっかりとしていなかったら、肝心の取引そのものができなかったり、そのうち飽きてしまうことでしょう。
そうなれば、何のために口座を開設したのかわかりません、いつまでたっても利益を手に入れることはできないでしょう。

複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめするのは、各種チャートを簡単に生成して市場の研究をできるものや、どこでも取引可能なスマートフォン用アプリなど、各社の特徴が非常に強く表れていて、ぜひ触ってみる価値はあります。

最近は約定スピードや経済ニュースの閲覧などに加えて、各種の解析ツールの充実が進んでいますので、今日ベストな取引ツールを提供するFX会社に口座開設したとしても、翌月にはさらに利便性の上がったツールが登場しないとも限りません。

そのためにも複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめします。

多くの場合は口座開設料・口座維持費は無料。

ですから実際に口座を開設しながらテストしてみるのがいいでしょう。

ではFXのリスクとは?

価格(為替レート)変動リスクについて

FXの場合、ほぼこれがすべてです。

1ドル=100円のときにドルを買って、1ドル=90円や80円まで下落すれば含み損を抱えます。

株式投資とまったく同じ理屈で、買った水準よりも価格(レート)が下がれば含み損を抱えます。

よって複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめします。

FXの場合、流動性リスクは絶対ないとは言いませんが、ほぼありません。

なぜかといいますと、外国為替市場の取引量は、1日数百兆円にも達します。

株の場合は、東京証券取引所1部上場の全銘柄の取引代金を合計したとしても、1日に数兆円程度です。

つまり、FX(外国為替)は、東証1部全体の100倍もの巨大なマーケットです。

これがFXの口座開設をおすすめする理由です。

株式市場とは比較にならないほど、世界中の巨額のマネーが為替市場に流れているのです。

FXの場合は、信用リスクもほとんどありません。

複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめします。

株は一企業の問題ですが、通貨は一国の国力すべてがかかっています。

たとえばアメリカのグーグルの株に投資するのと、アメリカのドルに投資するのとどちらが安全性が高いか?

たとえばイギリスの株に投資するのと、イギリスのポンドに投資するのとどちらが安全性が高いか?

比較するまでもありませんね。

ですから複数のFX会社に口座開設しておくことをおすすめします。
株(企業)に投資するのと違って、通貨(国)に投資することは信用リスクがほとんどありません。

【参考】>>キャンペーン中のFX会社一覧<<<

【参考】価格.com – FXをキャンペーンで比較 – FX比較

最終更新日:2017/10/03

This site is protected by wp-copyrightpro.com