FXコラムまとめ

FXコラムまとめFXコラムまとめ

失敗を恐れていてはFXは成功しない

No FX , No money ~ FXなしではお金なんて貯まらない ~

長年FXトレードをされているのにどうしても初心者トレーダーの殻を破れずにいる方。

全てのトレーダーは「負けトレード」を経験しながら徐々にマーケットを覚え大きなトレーダーへと育っていきます。

FXで取引経験がある方なら誰しもが持っている失敗談。

FX初心者の方にとっては「何かの役に立つかも?」と思い、FXの失敗談やその他、口座開設の審査やキャンペーンなど、役に立つ情報をまとめてみました。

 細かなトレードの方法はその時の条件やバックグランドに左右されますが、基本的なトレードの知識は大きく変わることは無いはずです。

FX初心者の方は、取引のためのアイデアや考え方を、自分なりにアレンジする事を意識しながら読んで頂ければと思います。

FXコラムまとめ

EU離脱とポンド下落、その先に円高の影

[27日 ロイター] - 市場は、米大統領選挙の話題で持ちきりだが、中長期的な為替相場を展望するなら、英ポンドに注目すべきだろう。これは、英国が2020年末をもって、名実ともに欧州連合(EU)から離脱する結果、国際金融市場におけるポ...
FXコラムまとめ

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは106円後半

[東京 22日 ロイター] - <12:00> 正午のドルは106円後半、レンジ相場に回帰か 正午のドル/円は、19日のニューヨーク市場午後5時時点(106.87/90円)とほぼ同水準の106.88/90円。 ドルは朝方、...
FXコラムまとめ

コロナが生んだ日本社会の格差

10兆円予備費で失業増回避を [東京 2日 ロイター] - 緊急事態宣言が全国で解除されて1週間が経過するが、宣言前と比べ社会の様子が変わったのは疑いの余地がない。 特にコロナ前は覆い隠されていた格差が、鮮明になっている。...
FXコラムまとめ

中長期は円高・超長期は円安、歴史は繰り返すのか

[東京 12日] - 新型コロナウイルス感染の世界的な拡大と、日本の経済対策・金融政策の動きなどを受けて、筆者は円相場に対する、今後数年間の見方を変更した。 JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長 ...
FXコラムまとめ

個人投資家がFXに回帰、値幅拡大で好機到来ーテレワークも追い風

新型コロナウイルス感染拡大を受けた相場の変動で、個人投資家のFX取引が活発化している。 ドル・円相場が月間ベースで約3年ぶりの大きな値動きとなる中、これをチャンスとばかりに投資家が集まった。 新型コロナによる外出自粛要請...
FXコラムまとめ

感染拡大続けば、金融緩和は「コロナ相場」の特効薬になれず

[東京 25日 ロイター] - 「安全地帯」と見られていた米株市場が24日に急落し、世界同時株安の流れが25日の東京市場にも波及した。市場ではまだ「調整」との見方も根強く、その背景には米連邦準備理事会(FRB)による追加緩和への期待がある。...
FXコラムまとめ

外国為替フォーラム「米中貿易戦争」

ロイターの外為フォーラムに「米中貿易戦争」についての興味深い考察が掲載されていました。次は日米貿易戦争に突入すると。 中国との対立がヒートアップし続ける限り、トランプ政権は同盟国である日本との緊張関係を極力避けようとするだろうが、和解...
2020.01.10
FXコラムまとめ

円債金利が急低下、日銀指針は10年-0.3%への「免罪符」か-[東京 1日 ロイター]

円債金利が急低下している。 米中通商協議への不安や米景気指標下振れへの警戒から世界的にリスク回避ムードが強まったことが背景だが、日銀によるイールド・カーブのスティープ化策に対する警戒感の後退も要因だ。 新しいフォワード・ガイダン...
FXコラムまとめ

株価が今後どう動くのかがわかる8つの法則

オールアバウト / 2017年11月24日 版に面白い記事がありましたので、ご紹介します。 株価が今後どう動くか分析してみよう 日経平均株価が2017年11月9日に2万3,382円の高値をつけました。 「もっと上昇するのか!」など...
2019.09.19
FXコラムまとめ

FX一筋の「トレード世界王者」が自身の手法を解説!

昨年の仮想通貨バブルで多数の億り人が誕生したが、1月以降の低迷相場で仮想通貨トレーダーも意気消沈。今なお生き残っている投資家は、いかにして稼いでいるのか? リーマン・ショックなど数々の金融危機を乗り越えてきた為替トレーダーや、仮想通貨...
2019.09.05
FXコラムまとめ

「貿易戦争」激化で市場“戦時モード” 1ドル=101円近辺まで進行する危険

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年7月3日 より 株式市場に異変が起きている。 2日、日経平均は一時500円超の下げ幅を記録し、約2カ月半ぶりに2万2000円を割り込んだ。 「トランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争の激...
2019.08.22
FXコラムまとめ

米中の通商政策を巡る対立が激化、ドル・円相場1ドル=105円割れの現実味

(2019年8月7日 9:29 JST) 米中の通商政策を巡る対立が激化し、通貨戦争の様相を帯び始める中、ドル・円相場1ドル=105円割れの現実味が増してきた。市場では年内に100円の大台を割り込むリスクシナリオも意識され始めてい...
FXコラムまとめ

米中貿易戦争の長期化が影を落とす半導体産業

市場調査会社の米Gartner(ガートナー)は7月22日(米国時間)、2019年6月末までの市場などの動きを勘案した2019年の半導体市場予測を発表した。 それによると、2019年の半導体市場は、前回予想から下方修正され、前年...
FXコラムまとめ

今週の為替市場 ユーロ安・ドル安進む公算大

欧米「緩和レース」でユーロ安・ドル安進む公算大、円は上昇か [東京 22日 ロイター] - 今週の外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の理事会を皮切りとする欧米の「金融緩和レース」がドルの値動きを左右しそうだ。 欧米の金融政策が...
FXコラムまとめ

「株価急落」などまだ甘い。アベノミクスの出口戦略は可能なのか?

10月2日に2万4,270円62銭と約27年ぶりの高値をつけたものの、12月25日には1年3ヶ月ぶりに2万円を割り込んでしまった日経平均株価。(2018/12時点) 年末に来てまた1つ日本にとって明るくない材料が増えてしまった...
2019.06.06
FXコラムまとめ

「2月暴落」が的中!経済物理学で「次」を予想 モデルが示す日経平均株価の臨界点

株価などの金融資産の価格が割高か割安かといったバリュエーションに関する指標は多数あるが、市場においていつ価格が調整されるのかを言い当てることは難しい。 東洋経済オンラインでも紹介された、経済物理学を用いたバブル崩壊の予測モデル 。 ...
2019.05.24
FXコラムまとめ

制度疲労の日銀緩和、求められる令和の政策大転換

4月末に幕を閉じた平成の30年間は、最初の1年間こそバブル経済のピークへ向かって突き進んだが、その後ほとんどの期間はバブルに踊ったツケを払わされる結果となった。 ただ、終盤6年間は「アベノミクス」という名の政策により、バブルの...
FXコラムまとめ

さや取りトレードは、FX取引でも有効なのか?

「さや取り」は、株式や商品先物取引でよく使われている手法 「さや取りトレード」って? 値動きが相関関係にある金融商品は、短期的には値動きがかい離したとしても、材料を折り込んだ後、不思議とまた同じような値動きに戻るという特性を持つ。 ...
FXコラムまとめ

アイルランドを悩ますブレグジットの「天国と地獄」

ロンドンの金融街シティから事業の移転を進めている英大手銀行バークレイズ(BARC.L)や米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)が、米アルファベット傘下のグーグル(GOOGL.O) や米フェイスブック(FB.O)と...
FXコラムまとめ

【経済NEWS】トランプ貿易戦争の脅威に目覚めた米国、既に手遅れ

[ワシントン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 減税に浮かれていた米国が、ようやく「貿易戦争」の脅威に目を覚ましつつある。米政府が10日、追加関税を課す2000億ドル相当の中国製品のリストを公表すると、与党・共和党議...
2019.03.04