Bitcoinも熱いけど ~ FX始めてみませんか?-賢いFX 口座開設の仕方を知っていますか?

FX口座開設キャンペーンまとめ

FXコラムまとめ

【NEWS】金融庁、地銀の金利リスクで新規制導入を正式発表

更新日:

金融庁は30日、国内基準行の地方銀行や信用金庫などを対象とした、国債や外債、預金、貸出などの金利リスクについての新たな規制案を正式発表した。

金利変動時の損失について算出方法を厳格化し、自己資本の20%を上回った場合には、同庁と金融機関が協議して対応策を決める。

金融庁は新規制を2019年3月末から導入する方針で、7月31日まで意見を公募する。

金利変動時の損失の計測は、これまで過去5年間の推移をもとに行っていたが、今後は円建てで上下1%、米ドル建てで上下2%など通貨ごとに変動幅を設けて算出するよう求められる。

計測結果は金融庁への報告が求められ、定量的なデータは半年ごと、定性的資料は1年ごとに開示が必要になる。

 

 

一方で、金融庁は30日に公表した中小・地域金融機関向けの監督指針の改正案で、金利リスクの規模が基準を上回ってもただちにその銀行が過大なリスクテイクを行っているとはみなさないと明記した。

金融庁は、財務健全性が悪化した金融機関に是正を求める早期警戒制度の運用を改め、金融機関の金利リスクをきめ細かく監督する方針だ。

金融庁は「仮に金利リスクが高いと判断された場合でも、債券の一律売却など金利リスクを機械的に削減させるような対応はしない」(幹部)と話している。

新たな監督体制では、

1)リスク量が基準を超える金融機関の洗い出し、

2)金利リスク量と自己資本の余裕のバランスなどから、対話の必要性の有無を検討、

3)対話が必要な場合、金融庁と金融機関が経営環境やビジネスモデルなどについて協議して改善策を練り、金融庁がフォローアップ

――の3段階で対処する。

早期警戒制度を巡っては、過去の一時点の財務健全性を形式的に判断することで、金融機関が抱える本質的な問題へのアプローチや課題解決に向けたフォローアップが不十分だったとの反省が金融庁内にあり、改善策の検討を進めていた。

 

邦銀のドル建て貸借が危機後倍増~Bloomberg

2017年6月26日 

日本の銀行は2007年以来、ドル建ての貸借を2倍強に増やしたため、前回の金融危機を悪化させたような資金調達面の衝撃から打撃を受けやすくなっている。

国際決済銀行(BIS)が25日公表した世界経済に関する年次報告書で警告した。

同報告書によると、邦銀のバランスシート上のドル建て資産は16年末までに約3兆5000億ドル(約390兆円)に膨らんだ。
これはドル建て負債を約1兆ドル上回る水準で、ドルの大規模なロングポジションを生み出している。

同報告書はまた、カナダの金融機関も同様の傾向にあると指摘し、危機後のドルエクスポージャーはほぼ2倍になり、ネット・ロングポジションは2000億ドル近くに達したと分析した。

一方、欧州の金融機関は危機後にドルエクスポージャーを減らした。

ドイツの銀行は07年にネット・ロングポジションの高さが目立ったが、現在ではドル建て資産を約半分に縮小したためドル建ての資産と負債は釣り合いが取れている。

金融危機時に欧州銀は資金源が干上がり、米住宅ローン関連資産の処分売りは巨額損失につながったことから、ネット・ドルエクスポージャーが複数の金融機関の経営破綻を招いていた。

危機後の規制で銀行の資本はこうした損失に対応できるよう強化され、一部の資金調達はより安定したソースにシフトしたとはいえ、リスクは完全には排除されていないとBISは警告した。

 

氷河期の証券業界、突然増加の裏事情 

Business Journal / 2017年6月9日より

事業環境の悪化により、減少の一途を辿ってきた証券会社の数が上向き始めた。

個人顧客の囲い込みに力を入れる地方銀行が証券子会社の立ち上げを急いでいるのに加え、規制緩和に伴って従来にないタイプの証券会社の創業も社数を押し上げている。

証券業界は氷河期を脱することができるのか。

日本証券業協会が発表する「協会員の現況」によると、同協会に加盟する証券会社は3月期末時点で261社となり、前年期末比で5社増加した。

リーマン・ショック以降、社数がもっとも少なくなった2016年3月期中には250社ほどにまで落ち込んでいた。

 新興国の経済成長に伴って新興国投資が熱を帯びた08年には320社を超えたが、これがピーク。この年のリーマン・ショックで撤退を決めた外資系証券や、廃業を決めた中小証券が増え、翌年の減少幅は15社に達した。

 氷河期入りした証券業界に追い打ちをかけたのは、東京証券取引所が導入した高速売買処理システム「東証アローヘッド」だ。コンピュータプログラムで1秒間に数千回もの売買が可能になっている外資系証券や投資家の要望を受け、東証が導入した。

ベテランの株式ディーラーを抱えて自己資金で値ざやを稼いできた中小・地場証券は収益源を失い、撤退が相次いだ。

「証券会社の将来像をイメージできなくなった」(撤退した証券会社社長)といったコメントとともに、経済紙ばかりか一般紙までもしきりに書き立てたのを覚えている人は多いだろう。

 しかし中小・地場証券の撤退が一巡すると、それと入れ替わるように地銀の証券参入が社数を下支えするようになってきた。

今年1月以降だけでも、七十七銀行子会社の七十七証券、京都銀行子会社の京銀証券などが参入。

 地銀の参入が証券会社の再編を誘うのか、証券会社の再編機運が地銀参入の呼び水となっているのか、こんなケースもある。

 北海道銀行と北陸銀行を傘下に収めるほくほくフィナンシャルグループは、東海東京証券の店舗網の一部を買収し、東海東京フィナンシャル・ホールディングスと共同出資のかたちでほくほくTT証券を立ち上げた。

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは昨年1月にも西日本シティ銀行との間で同じように共同出資の証券会社を立ち上げており、銀行関係者の間でも話題になった。

消去法的な経営判断
規制緩和により、これまでにないタイプの証券会社を設立する動きも始まった。中小企業の資金調達を支援する証券会社がそれだ。

株式投資型クラウドファンディングと呼ばれるもので、インターネットを通じて非上場企業に対する投資マネーを少額ずつ集める証券会社が設立された。

 これまで未公開株の投資勧誘は禁じられていたが、株式投資型クラウドファンディングや株主コミュニティ(地域に根差した非上場企業の株式売買や、資金調達を支える仕組み)などは日証協の規則で認められるようになった。

 証券会社数を業界の“地熱”ととらえた場合、ホットな業界に戻りつつあるようにも見えるが、実際には「そうではない」(アナリスト)との指摘もある。

社数を押し上げている地銀の証券業務参入は、消去法的な経営判断ともいえるからだ。

マイナス金利で銀行預金が魅力を失い、地銀が預金者をつなぎ止めるために投資信託などを販売しようと証券子会社を設立している面があるためだ。

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

「シストレ24」インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

・プロの投資戦略が500以上搭載。
・操作は簡単、選ぶだけ。
・各種手数料無料
・約定能力が高い強固なバックシステムを採用
・24時間、自動で売買

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 なぜ「複数口座がいい」のかというと... まず怖いのがシステムトラブル。 大事な ...

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ ...

3

  iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変 ...

4

SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報 新規口座開設&取引で最大80,000円プレゼント! ■キャンペーン期間 2017年4月1日~  終了しました ■キャンペーン概要 ※新規口座開設後、下 ...

5

GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグループ会社と協業し余分なコストを削 ...

-FXコラムまとめ
-,

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.