今週の経済指標イベント(12/16~20)

発表経済指標重要度前回(修正)予想結果
12/16 (月)
09:0112月 ライトムーブ住宅価格 [前月比]-1.3%-0.9%
11:0011月 小売売上高 [前年同月比]7.2%7.6%
11:0011月 鉱工業生産 [前年同月比]4.7%5.0%
13:3010月 第三次産業活動指数 [前月比]1.8%-3.6%
17:1512月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)51.751.5
17:1512月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)52.252.1
17:3012月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)44.144.5
17:3012月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)51.752.0
18:0012月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)46.947.3
18:0012月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)51.952.0
18:3012月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)48.949.3
18:3012月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)49.349.5
22:3012月 ニューヨーク連銀製造業景気指数2.94.0
22:3010月 対カナダ証券投資額47.6億カナダドル
23:4512月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)52.652.6
23:4512月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)51.652.0
23:4512月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)52.0
24:0012月 NAHB住宅市場指数7070
30:0010月 対米証券投資-376億ドル
30:0010月 対米証券投資(短期債除く)495億ドル
未定 休場
12/17 (火)
09:0012月 NBNZ企業信頼感-26.4
09:30 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
18:3011月 失業保険申請件数3.30万件
18:3011月 失業率3.4%
18:3010月 失業率(ILO方式)3.8%3.9%
19:0010-12月期 四半期 南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数21
19:0010月 貿易収支(季調済)183億ユーロ
19:0010月 貿易収支(季調前)187億ユーロ
22:3011月 住宅着工件数 [年率換算件数]131.4万件134.0万件
22:3011月 住宅着工件数 [前月比]3.8%2.0%
22:3011月 建設許可件数 [年率換算件数]146.1万件140.5万件
22:3011月 建設許可件数 [前月比]5.0%-3.8%
22:3010月 製造業出荷 [前月比]-0.2%
23:1511月 鉱工業生産 [前月比]-0.8%0.8%
23:1511月 設備稼働率76.7%77.4%
12/18 (水)
06:457-9月期 四半期経常収支-11.06億NZドル
08:5011月 貿易統計(通関ベース、季調前)173億円
(157億円)
-3500億円
08:5011月 貿易統計(通関ベース、季調済)-347億円-570億円
09:307-9月期 四半期住宅価格指数 [前期比]-0.7%
09:307-9月期 四半期住宅価格指数 [前年同期比]-7.4%
16:0011月 生産者物価指数(PPI) [前月比]-0.2%0.1%
17:30 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
18:0012月 IFO企業景況感指数95.095.4
18:3011月 消費者物価指数(CPI) [前月比]-0.2%0.2%
18:3011月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]1.5%1.5%
18:3011月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]1.7%1.6%
18:3011月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) [前年同月比]1.3%
18:3011月 小売物価指数(RPI) [前月比]-0.2%0.2%
18:3011月 小売物価指数(RPI) [前年同月比]2.1%2.2%
19:0011月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]1.0%1.0%
19:0011月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]1.3%1.3%
19:0010月 建設支出 [前月比]0.7%
19:0010月 建設支出 [前年同月比]-0.7%
21:00 MBA住宅ローン申請指数 [前週比]3.8%
22:3011月 消費者物価指数(CPI) [前月比]0.3%
22:3011月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]1.9%
未定 日銀・金融政策決定会合(1日目)
未定 英中銀金融政策委員会(MPC)1日目
12/19 (木)
06:457-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]0.5%
06:457-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]2.1%
06:4511月 貿易収支-10.13億NZドル
08:50前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)2358億円
08:50前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)-2004億円
09:3011月 新規雇用者数-1.90万人1.50万人
09:3011月 失業率5.3%5.3%
15:30 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
16:4512月 企業景況感指数105
18:3011月 小売売上高 [前月比]-0.1%0.5%
18:3011月 小売売上高 [前年同月比]3.1%2.6%
18:3011月 小売売上高(除自動車) [前月比]-0.3%0.5%
18:3011月 小売売上高(除自動車) [前年同月比]2.7%2.1%
21:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表0.75%0.75%
21:00 英中銀資産買取プログラム規模4350億ポンド4350億ポンド
21:00 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
22:307-9月期 四半期経常収支-1282億ドル-1210億ドル
22:3012月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数10.49.0
22:30前週分 新規失業保険申請件数25.2万件
22:30前週分 失業保険継続受給者数166.7万人
22:3010月 卸売売上高 [前月比]1.0%
24:0011月 景気先行指標総合指数 [前月比]-0.1%0.1%
24:0011月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]546万件545万件
24:0011月 中古住宅販売件数 [前月比]1.9%-0.2%
未定 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表-0.10%
12/20 (金)
08:3011月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]0.2%0.5%
08:3011月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]0.4%0.5%
08:3011月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]0.7%0.7%
09:0112月 GFK消費者信頼感調査-14-14
16:001月 GFK消費者信頼感調査9.79.8
16:4511月 卸売物価指数(PPI) [前月比]-0.1%
16:4511月 消費支出 [前月比]0.2%
17:3011月 消費者物価指数(CPI) [前年比]3.1%
18:0010月 経常収支(季調済)282億ユーロ
18:0010月 経常収支(季調前)358億ユーロ
18:307-9月期 四半期国内総生産(GDP、改定値) [前期比]0.3%0.3%
18:307-9月期 四半期国内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]1.0%1.0%
18:307-9月期 四半期経常収支-252億ポンド-150億ポンド
22:307-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) [前期比年率]2.1%2.1%
22:3010月 小売売上高 [前月比]-0.1%
22:3010月 小売売上高(除自動車) [前月比]0.2%
22:307-9月期 四半期GDP個人消費・確定値 [前期比]2.9%
22:307-9月期 四半期コアPCE・確定値 [前期比]2.1%
22:3010月 新築住宅価格指数 [前月比]0.2%0.1%
24:0011月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]1.3%
24:0011月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]0.1%0.1%
24:0011月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比]1.6%1.5%
24:0012月 消費者信頼感(速報値)-7.2-7.6
24:0011月 個人消費支出(PCE) [前月比]0.3%0.4%
24:0012月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値99.299.2
24:0011月 個人所得 [前月比]0.0%0.3%

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ121円後半、グローバルなリスク選好の強化なければ反落へ

[東京 16日 ロイター] –

<10:25> ユーロ121円後半、グローバルなリスク選好の強化なければ反落へ

ユーロは121.70円。

ユーロは前週、英総選挙とその結果を受けた英ポンドの上昇に連れ高となり、ユーロ/円は13日に122.65円と5カ月ぶりの高値をつけた。

しかし、ユーロ/円の上昇は、「欧州の要因ではなく、グローバルなリスク選好が強化されるかどうか次第だ。クリスマス休暇前にそうした機運はなかなか盛り上がりにくいのではないか」とオフィスFUKAYAコンサルティング代表、深谷幸司氏は言う。

英ポンドは146.10円。

英国の総選挙で与党の勝利が決まった13日には一時147.95円まで上昇し9カ月ぶりの高値を付けた。

英国は、2020年末までに欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)を締結する必要があるが、「EUはFTAで英国が『良い所どり』することを許容しないと考えらえる。また、外国企業の英国離れは足元でも進んでおり、英経済の先行きにも不安が残る」と深谷氏は言い、中長期的な英経済や英ポンド相場について、悲観的な見方を示した。

が、その後大幅に反落し、現在は121.71円付近となっている。

参考サイト


金融庁

経済産業省

財務省