自動車税を節約する方法は?

経済指標・ニュース

自動車税を納める人は、原則として毎年4月1日時点において、普通自動車(特殊自動車を除く)や三輪以上の小型自動車の所有者として自動車検査証(車検証)に記載されている人です。

つまり、原則として、毎年4月1日時点の所有者が納めることになります。期間から考えると自動車税をお得に納めるには下記がポイントになるでしょう。

① 3月31日までに処分する
売却や廃車などの処分をする予定がある場合には、毎年3月31日までに手続きを完了することにより、新年度分の自動車税を納めなくてもよいことになります。処分の予定がある人は早めに対応しましょう。

② 車を購入する場合は月末よりも月初の方が有利?
逆に、購入予定のある人は、月末よりも月初に取得した方が1ヶ月分有利になるケースもあります。

③ 自動車税の還付金の手続きをする
廃車(抹消登録)した場合の自動車税の対象期間は、4月から廃車した月までです。抹消登録の予定のある人は早めに手続きしましょう。

排気量の差を活用して自動車税を減らすこと

自動車税の支払い額は、自動車の排気量により異なります。排気量をダウンサイジングすることにより、自動車税の額を減らすことも可能となります。

区分
通常の税額(エコカー減税適用前)
乗用車
総排気量1リットル以下
29,500円
総排気量1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
総排気量1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
総排気量2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
総排気量2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
総排気量3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
総排気量3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
総排気量4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
総排気量4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
総排気量6リットル超
111,000円

※1リットル=1000cc

初度登録から13年経過したガソリン車とLPG車は自動車税が15%重課されます。
また、初度登録から11年経過したディーゼル車は自動車税が15%重課されます。

※電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外

例えば、2,000ccから1,500ccに変えた場合には、現行で、5,000円(39,500円 – 34,500円)、令和元年10月1日以降の初回新規登録では、5,500円(36,000円 – 30,500円)の負担が減少することになります。

自動車税のグリーン化特例制度の活用

グリーン化特例とは排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車税・軽自動車税を軽減するとともに、新車新規登録等から一定年数を経過した自動車に対して自動車税・軽自動車税を重課される制度です。(国土交通省HPより)

2019年4月1日~2021年3月31日までの間に新車新規登録等を行った場合に限り、当該年度の翌年度分についてのみの特例措置となります。新車を購入する際には、グリーン化特例を少し意識してみるのもよいのではないでしょうか。

障害者の方のために専ら使用する自動車に係る自動車税の減免

障害者手帳等(身体障害者手帳・戦傷病者手帳・愛の手帳(療育手帳)・精神障害者保健福祉手帳)の交付を受けている方が使用する自動車で一定の要件を満たす場合は、申請により自動車税の減免を受けることができます。

減免の対象となる自動車は?
対象となる自動車は、所有者等や運転者が誰であるかにより、使用目的に制限が付されますので注意しましょう。

自動車税の減免上限額は4万5000円、減免の上限額を超える場合は、それを超えた税額分を納付します。新規登録の場合は月割額になります。
(東京都HPより)

自動車税は、各地方公共団体により異なるケースも多いため、詳細については必ず各地方公共団体に確認して下さい。