ドル109円半ば、米大統領発言で急反発

 

[東京 14日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からドル高/円安の109円半ば。トランプ米大統領の発言を手がかりに一時109.72円まで上昇し、前日海外市場での下げを一気に埋める急反発を見せた。

東京市場では円高が進んだ海外の流れが一転、ドル買いが強まった。トランプ大統領が、今後の対中交渉が「非常にうまくいく気がする」などとと発言したことが日本時間の朝方伝わると、ドルの買い戻しが活発化。米株先物が時間外取引で買われたことも支えとなり、円売りも強まった。

海外市場で急速なドル安/円高が進み、ドルを売り持ちにしていた向きが多かったことで、損失確定の買い戻しも入りやすかったという

「急速な値動きだったにもかかわらず109円台を割り込まなかったのは、下値での買い意欲が強かったため。目先はいったん切り返しの買いが入りやすかった」(トレーダー)という。

しかし市場筋によると、109円後半から110円にかけては、戻り売り注文が待ち受けていたという。

YJFXマーケティング部FXエバンジェリストの遠藤寿保氏は「米中対立の激化というファンダメンタルズの悪化を受け、ドルは近く109円台を割り込むと予想している。ドル買いになりそうな要因がほとんど見当たらない。テクニカル面からみた下値めどは108円半ば」と指摘している。

アジア通貨動向(14日)=総じて堅調、米中政府のコメント受け

[14日 ロイター] – アジア通貨は総じて堅調。米中政府のコメントを受けて、貿易戦争がエスカレートするとの懸念が後退している

中国人民元は、ほぼ横ばいの1ドル=6.873元。前日は0.9%下落していた。
トランプ米大統領は米中貿易協議について「大きな成功を収める気がする」と発言。中国の王毅国務委員兼外相は、中国と米国は双方にとり好ましい通商協定で合意できる「能力と知恵」を持ち合わせているとの見解を示した。
アジア通貨の上昇を主導しているのはタイバーツ。一時0.5%上昇し1ドル=31.46バーツと、約2カ月ぶりの高値に値上がりした。
バーツは今年、アジア通貨で最も値上がりしている。タイの経常収支は大幅な黒字。タイ中銀は13日、対米貿易で優位に立つための為替介入はしていないと述べた。
インドルピーは0.2%高の1ドル=70.4ルピー。13日遅く発表となったインドの4月のインフレ率は6カ月ぶりの高水準だったが、中銀の目標は9カ月連続で下回った。
フィリピンペソとシンガポールドルは上昇。韓国ウォンは小幅高。
インドネシアルピアは一時0.3%下落し1ドル=1万4450ルピア。15日に4月の貿易統計が発表されるほか、16日にはインドネシア中銀が金融政策を決定する。
ロイター調査によると、4月の貿易収支は3カ月ぶりの赤字となる見通し。輸出入の双方が引き続き急減すると見込まれている。
米中貿易戦争がルピア相場の重しとなっており、中銀は政策金利を6%で据え置く見通し。

0609GMT(日本時間午後3時09分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場は以下の通り。

*Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前日NY市場引け値。

Change on the day at 0609 GMT
Currency Latest bid Previous day Pct Move
Japan yen 109.610 109.3 -0.28
Sing dlr 1.368 1.3699 +0.14
Taiwan dlr 31.102 31.082 -0.06
Korean won 1188.000 1187.5 -0.04
Baht 31.440 31.67 +0.73
Peso 52.355 52.43 +0.14
Rupiah 14440.000 14410 -0.21
Rupee 70.440 70.53 +0.13
Ringgit 4.169 4.162 -0.17
Yuan 6.878 6.8799 +0.03

参考サイト


金融庁

経済産業省

財務省