今夜は米雇用統計の発表 時刻は21時30分

米雇用統計に警戒感浮上

4月3日(水曜日)、雇用統計の前哨戦と呼ばれるADP雇用統計が前月比+12.9万人(予想+17.0万人)と予想を下回ったことで今夜の雇用統計に警戒感が浮上しています。

先月の雇用統計は非農業部門雇用者数の伸びがわずか+2.0万人(予想+18.0万人)でした。
ただ、失業率や平均時給が強かったことや、米政府機関の閉鎖・悪天候などの一時的な要因との見方が台頭し、景気減速懸念が大きく加速する展開にはなりませんでした。
しかし、この鈍化傾向が続くとなると、米経済の景気後退が強く意識される可能性もあります。

雇用鈍化は一時的か、あるいは軟調トレンドの始まりなのか。
今夜の雇用統計は、それを確かめる重要なタイミングになるかもしれません。

参考サイト


金融庁

経済産業省

財務省