投資を始めようかと考えた初心者さんの中には、株式投資をやろうか、FX(外国為替証拠金取引)をやろうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

でも、株式投資とFXとは何が違うの?

まず株式投資とは、株を発行している株式会社およそ4000社の中から、投資する企業を決めて株を買い、その売買益や配当金などで大きく儲けるもの。

そしてFXは、世界各国で使用されている20種類ほどの通貨を買い、その売買益で小さく儲けるものだと思ってください。

FXが【初心者向きだ】と言われるのは、ネットで24時間取引が出来ること。
変動が緩やかで大きく損をするケースが少ないこと。
そして何より、その通貨を使用している国がつぶれて通貨が使われなくなったりしない限り、投資の全額を失うことはないということ。
儲けは少なく、損失も少ないという点が、投資をする初心者さんたち向きだと言われている理由です。

しかしFXではとにかく儲けが少ないです。
ちょっと考えてもみてください。
今日、1ドル100円だった通貨が、1年後には1ドル1000円になっていて大儲けできた!ということには絶対になりません。
せいぜい1ドル110~130円の中でちょこちょこと変動するだけ。
儲けなんて年間を通してもほんの数万円程度です。

ところが株の場合は、その数万円の利益がたった数日のうちに手に入るほど儲けが大きいです。
勿論、儲けが大きいほど、損をするときも大きいので注意してください。
世の中の動きや企業の景気など、情報収集を怠ることは出来ませんし、難しいと感じることも多いかもしれませんが、ハイリスク・ハイリターンであることは間違いありません。

ローリスク・ローリターンのFXで、年末にちょっと贅沢をして過ごす程度の利益を得るか、株式投資で1年後に新築を買うか、どちらが良いかはあなたの判断にお任せします。