「高年収ビンボー」と「低年収リッチ」

年金収入だけの老後が貧困同然である

収入を得る方法を具体的に探そう

年金と退職金で悠々自適だと思っている人はしくじる

「定年後、田舎に移住してのんびり暮らしたいと考える人は少なくありません。夫婦一致で実現できれば豊かな老後、できなければ貧しい老後になります」

と言うのは、長野県在住のファイナンシャルプランナー長崎寛人氏だ。
地方では低家賃で家が借りられたり、自治体が支援してくれたりする例もある。
要介護になった場合のサードライフを考えても、都市部では介護施設は入所の基準が厳しいなど環境は必ずしもよくないが、地方では比較的余裕があるという。

特に勧めるのが中核都市で、「都会の利便性、田舎の住居費の安さ、その中間にあるのが中核都市。
年金が夫婦で20万円もあれば中核都市では余裕を持って暮らせるイメージ」と話す。

しかし妻が同意しないケースも多く、「結局は熟年離婚に至り、財産分与をしてお互い貧しい老後になった例も」(長崎氏)。

この先、悠々自適の老後は迎えられるのか。

元大手銀行支店長でコンサルタントの菅井敏之氏は、

「年金と退職金で悠々自適だと思っている人はしくじる。豊かな老後を手にできるのは、定年後、毎月10万円、15万円など、収入を得る方法を具体的にイメージし、準備できる人」と指摘する。

たとえば企業コンサルタントとして月5万円で3社と顧問契約すれば15万円。1回5万円のセミナー講師もいい。

「そのためにはすでに独立している同期や同級生といった人脈を現役時代に築いておく。勤務先の看板を外したときに稼げるのが豊かな人で、社内政治にうつつを抜かしている人は貧しい老後になる」(菅井氏)

定年後も収入があれば、年金のもらい方にも選択肢ができる。

「66歳、67歳と受給開始時期を遅らせると受給額が増える。70歳まで繰り下げれば年金額は42%アップし、それが一生涯続くので、長生きするほど有利になり安心感が増す」(長崎氏)

もっとも、「豊かさはお金だけでは得られない」とファイナンシャルプランナーの畠中雅子氏。

「資産家の高齢者が、子どもが優しくするのはお金目当てだとか、友達に狙われているなどと疑うことは少なくない。適度にお金があって、心許せる友人がいるのが豊かな老後」(畠中氏)

そのために畠中氏が必要と考えるのが、「身の丈に合った額」を貯めること。収入に比して過大な額を貯めようとすると、趣味や付き合いを我慢するなど何かを犠牲にせざるをえないため、結局は心貧しき老後になりかねない。

その人の収入によって貯められる額は違うし、そもそも生活水準が異なるので、同じ額を貯める必要性も低いのだ。

「元役員が自腹を切ってハイヤーでゴルフ場に。そんな現役時代を引きずった使い方では、お金がいくらあっても足りないし、寂しい」(同)

反対に、地元の行事に参加し、数千円の謝礼を貯めて妻にプレゼントすることが楽しみ、という男性もいるという。

「友達が多く、リッチな人とも、そうでない人とも、それぞれに合った付き合い方ができれば視野も広がって幸福感が高いはず。ギブ&テークの関係をたくさん築いておければ、老後は豊かになる」(同)

もちろん、ある程度の老後資金は必要だが、「年金の不足額95歳までの30年分、プラス住宅の修繕費といった特別支出の額が、退職金と預貯金で用意したい金額。3000万円なくても成り立つ世帯は意外に多い」と、畠中氏。

むしろ働くスキル、友人関係を築いておきたい。

老後のための投資

投資すれば“必ず”儲かるわけではない

老後資金をつくるには投資しないといけないか? といえば、決してそんなことはありません。

投資は、必ず利益が出るものではありません。

ただ、リスクをとって投資すれば高いリターンを得る可能性があるので、私としてはお勧めしたい、ということです。
投資して増やせばなんとかなる、と思ってはいけません。

投資すれば、悪いときは1年で3分の1も損しますが、同じ確率で年に4割の利益が出て、平均すれば年5%の利益が出る、と考えます。

投資するなら、まずそれを理解して納得すること。

そして、投資する金額は、3分の1減っても自分が我慢できる金額で判断します。

たとえば、損して我慢できるのは50万円が限界とすれば、投資できるのは150万円程度ですね。

運用するお金は、「安全資金」と「投資資金」の2つに分けて考えます。

使う商品は、3つだけで十分。
安全資金は「個人向け国債(変動10年)」。元本保証の商品では、安全面でも利回り面でも現在、最も優れた商品です。

老後資金をFXで確保するには

相場の上下動を考えてトレードする方法、すなわち裁量トレードをする場合、「コンスタントに収益を得る」「日常の資金や老後資金を得る」というレベルになるには、並大抵のことではありません。

特訓の末に、デイトレードで成功できるようになったとしましょう。

すると、デイトレードで毎日のように資金を確保しようとする場合、本業とFXの2つの労働をしているも同然になります。

FXが趣味であるうちは良いです。

しかし、これが本業と同じような位置づけになると、次第に苦痛が増してくると思います。

FXは趣味か、それとも稼ぐことが必須の仕事か。

プレッシャーの度合いが全然違います。

退職してFX一本で生活する場合、そのストレスは極めて大きくなります。
相場が動かないことによりトレード自体ができない時や、どうしても勝てない時など。

トレードを繰り返すたびに、資金は目減りしていきます。
その時期は本当にキツイです。

FXは、サブの位置づけが良いと思います。
本業が別にあって、FXは副収入です。

収益の柱の一つとする場合も、可能ならば「勝手に利食いを繰り返してくれる」方が良いと思います。

理由は、裁量トレードの緊張感を5年、10年、20年と継続できるか?です。

息切れして休憩したら、その間のFXの収入はゼロです。

「休む=収入ゼロ」では、柱としては心もとないです。
しかも、労働と違って、FXは常に損失と隣り合わせです。

そこで、導入したいのが自動取引です。

しかも、選択型のシストレではなく、「自動的に永遠に利食いを目指す」自動取引です。

なお、5円~10円程度の狭い範囲でトラリピやループイフダンを仕掛けるのは、本質的には裁量トレードと変わらないと思います。
レンジを読まなければならないからです。

では、「永遠の利食いを目指す」方法で、どれくらいの収益率を見込めるでしょうか。

相場が大きく動くと、収入が大きくなります。
収入の大きさは、相場次第です。
そこで、年率12%で収益を獲得するとします。すなわち、月利1%です。

月額10万円を獲得しようと思うとき、月額1%の収益ですので、証拠金は1,000万円必要です。
なかなか大きな額ですので、ポンと出せる人は少ないでしょう。

最初は少額で初めて、獲得した資金を再度トレードに投入します。

こうすれば、最終的に毎月10万円を目指すことが可能でしょう。

老後資金の足しにすることを考える場合は、現在の年齢が大きく影響するでしょう。

20代ならば、40年以上の時間があります。
自己資金が少なくても、40年あれば、大きな額を作れるでしょう。

しかし、老後まであまり時間がない場合は、そうも言ってられません。
投入する自己資金を大きくしてカバーすることになります。

つまり、できるだけ若いうちから始めるべきだということです。

 

アイネット証券 オリジナル売買システム「ループイフダン®」

ループイフダンは最近FXトレーダーから注目を浴びているシストレ(システムトレード・自動売買)です。

シストレは、決められた売買ルールに従い機械的にトレードをすることで、大きなメリットを得られます。

・トレーダーの不安心理や期待感といった感情を排することで多くのFXトレーダーの敗因になっている感情による判断ミスを回避することができます。

・睡眠中や仕事中でもシステムが24時間自動的に売買を行うことで、利益獲得のチャンスを広げることができます。

ループイフダンは、誰にでもわかりやすいシンプルなロジックで、トレーダーに代わってポジション管理をしながら自動的に売買を繰り返します。

しかも、取引手数料は無料なのでせっかくの利益をコストで食いつぶしてしまう心配もありません。

シストレi-NET ループイフダン