経済指標・ニュース

日経平均が大幅上昇、上げ幅は一時450円超

更新日:

8日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)は大幅上昇している。上昇幅は一時、前日終値に比べて、450円を超えた。午前9時15分現在、2万2500円前後で推移している。前日の米国株高を受けて、投資家心理が改善している。

アメリカ中間選挙の結果受け、NYダウ急騰!「ねじれ議会」が持つ意味とは

 

「ねじれ議会」に、日米株式は異なる反応

米中間選挙の結果が判明しました。トランプ大統領の率いる共和党は、上院で過半数を維持しましたが、下院では野党・民主党が過半数を奪還。

いわゆる、「ねじれ議会」になりました。野党が下院を抑えたことで、トランプ大統領の政策推進力には、一定の抑止力が働く見込みです。

今回は、注目の高い中間選挙だったため、従来の中間選挙よりも高い投票率となりました。

これまで投票に行っていなかった浮動票層に、民主党支持層が多かったため、投票率の上昇が民主党に優位に働いたと考えられます。

今回の米中間選挙の焦点は、上院・下院とも過半数の議席を有する共和党が、それぞれ過半数を維持できるかでした。

事実上、米国民によるトランプ大統領の信任投票と見られていました。
事前の世論調査では、民主党が僅差で支持率でリードしていました。

選挙結果は、ほぼ世論調査に基づく、事前の市場予想通りだったと言えます。

この結果に対し、日米の株式は異なる反応を示しました。

日経平均は前日比61円安の2万2,085円と小反落しました。
一方、NYダウは、米中間選挙という重要イベントが、事前の市場予想通りの結果となった安心感から買いが増え、前日比545ドル高の2万6,180ドルと大幅続伸しました。

NYダウが大幅に上昇したのを受け、今日は日本株にも買いが広がりそうです。

ねじれ議会のプラス・マイナス

中間選挙で、上院下院とも共和党支配の状況が終わり、下院は野党、上院は与党が支配する「ねじれ議会」に変わりました。これには株式市場から見て、プラスとマイナスがあります。

 プラス面は、トランプ大統領の暴走に、一定の抑止力がかかること。

イランや中国に対する強硬策に、一定の歯止めがかかる可能性があります。

イランからの原油輸入禁止が緩和されれば、イラン産原油の供給減少に対する不安が低下し、原油価格の高騰を抑える要因となります。

これは、世界経済および株式市場にプラス材料です。

貿易戦争に与える影響は不透明です。

対中国での強硬策は、共和党も民主党も大きな主張の差はないからです。

それでも、対中制裁をエスカレートさせることには、一定の歯止めがかかる可能性があります。

対中制裁が、米国経済にも悪影響を及ぼす不安が出始めていましたが、その不安はやや緩和されます。

その思惑からか、7日の米株市場では、中国関連株の米キャタピラーが大きく上昇しています。

日本やEU(欧州連合)に対する、通商面での強硬策がどうなるかは、不透明ですが、ドイツ国内からは、米ねじれ議会の選挙結果に、安堵の声が出ています。

 株式市場へのマイナス面としては、トランプ大統領がさらにやろうとしていた景気刺激策が、やりにくくなることが挙げられます。

トランプ大統領は、米中間層への減税や、公共投資の積み増しを示唆していました。これは、下院を押さえた民主党が、財源がないことを理由に認めない可能性が高いと考えられます。

ただ、それで人為的に米景気を過熱させることなく、ゆるやかな景気拡大が続くとの見方もあります。

もう一つ想定されるマイナス材料は、米ロ関係の悪化です。

下院を押さえた民主党は、トランプ大統領のロシア疑惑追及を強めるでしょう。ロシア国内からは、民主党の勝利を不安視する声が出ています。

とはいえ、7日の米国株は、民主党が大勝しなかったことへの安堵感で上昇したとも言えます。イベント通過で、不透明感が低下したことが好感されたというのが、一番の理由と考えられます。

 

7日の日経平均は、共和党優勢で上げ、民主党優勢で下げた

日経平均は、ねじれ議会を単純に嫌気した動きとなりました。7日の日経平均は、下院の確定議席速報に反応して、午前中に上昇し、午後、下げました。

出てきた結果は、事前コンセンサス通りですが、選挙直前に共和党が支持率で民主党を急追していましたので、その勢いで共和党が勝つという予想も一部に出ていました。

そのため、下院で民主党が勝ったのに対し、ネガティブに反応しました。

今後、日米の株はどう動くか?

選挙結果そのものは、おおむね市場予想どおりでした。

今後の株式市場の注目は、選挙からファンダメンタルズ(景気・企業業績)に戻ると考えられます。

具体的には、以下3つが重要です。

  1. 米中貿易戦争の行方、貿易戦争の影響で悪化しつつある中国景気の先行き
  2. 米FRBの利上げスタンス、トランプ大統領は利上げを進めるFRB批判を強めるか
  3. 日米の企業業績 業績モメンタムは好調を保つか、低下していくか

日本の9月中間決算の発表は、終盤に差し掛かりつつあります。

日米の企業業績のモメンタムによって、日米の株の方向性が決まると思います。

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

 

外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン

自動で注文を繰り返してくれる、初心者向けのサービス「かんたん操作で賢くトレード」が合言葉の『iサイクル注文』が魅力。

オールインワンシステムで非常に使いやすい高機能ツールも無料で提供しており、FX初心者に人気のFX会社。

業界最高峰を誇るスワップ金利の高さ、初心者の方にも使いやすいオールインタイプの取引ツール、豊富な情報コンテンツなど、ハイスペックでストレスフリー

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 目次1 なぜ「複数口座がいい」のかというと…2 複数口座開設のメリッ …

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ …

3

  目次1 iサイクル注文とサイクル注文の違い2 iサイクル注文新機能「トレンド」とは?3 「トレンド」機能のメリット・デメリット4 デモ口座の開設 iサイクル注文とサイクル注文の違い i …

4

目次1 SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報1.1 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン1.2 SBI FXトレード (SBIFXトレード株式会社)2 SBI FX …

5

FX取引高6年連続世界第一位!GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグルー …

-経済指標・ニュース
-,

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.