経済指標・ニュース

ドル113円台に上昇、米大統領が米中貿易合意の草案作成指示との報道

投稿日:

ドル113円台に上昇、米大統領が米中貿易合意の草案作成指示との報道

ドルは113円付近。一時113.02円まで上昇した。

市場参加者によると、きっかけは、米大統領が中国との想定される貿易合意の草案作成を議会に指示するとの一部報道だという。

トランプ大統領は1日、ツイッターでの投稿で、中国の習近平国家主席と貿易や北朝鮮問題を巡り、非常に良好な対話を持ったとし、アルゼンチンで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議で首脳会談を行う見通しだと語った。

米雇用統計を今夜に控え、様子見気分が広がっている。

午前の取引では、日本時間の早朝に発表された米アップルの10―12月期の売上高が890―930億ドルになるとの慎重な見通しが示され、米国株先物が下落、ドル/円も連れ安となり、午前7時20分ごろに安値112.56円をつけた。

ドルは113円付近。急激なドル買い・円売りは収まったが、ドルは高止まりしている。

ドルは午後2時前に伝わった報道をきっかけに一時113.10円まで上昇した。

ブルームバーグは2日、トランプ大統領は今月末にアルゼンチンで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて中国の習近平国家主席と貿易に関する合意をまとめることを目指しており、合意条件について草案を作成するように米当局者らに指示したと報じた。

同報道をきっかけに薄商いだった市場では「急激にドル買いが広がった。モメンタム系のファンドの買いがかぶさり、ドルの上げ幅を拡大した」(外国銀)という

日経平均が前営業日比で550円超高となったことも、ドル買い/円売りを誘った。

一方、報道以前には低迷していたクロス円も一気に勢いづき、128円半ばだったユーロ/円は129.14円まで、146円前半だった英ポンド/円は147.02円まで上昇した。

ただ、来週に米中間選挙を控え、今回の報道はトランプ氏による「株価支援のリップサービス」(国内銀)との見方も出ている。

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

 

外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン

自動で注文を繰り返してくれる、初心者向けのサービス「かんたん操作で賢くトレード」が合言葉の『iサイクル注文』が魅力。

オールインワンシステムで非常に使いやすい高機能ツールも無料で提供しており、FX初心者に人気のFX会社。

業界最高峰を誇るスワップ金利の高さ、初心者の方にも使いやすいオールインタイプの取引ツール、豊富な情報コンテンツなど、ハイスペックでストレスフリー

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 目次1 なぜ「複数口座がいい」のかというと…2 複数口座開設のメリッ …

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ …

3

  目次1 iサイクル注文とサイクル注文の違い2 iサイクル注文新機能「トレンド」とは?3 「トレンド」機能のメリット・デメリット4 デモ口座の開設 iサイクル注文とサイクル注文の違い i …

4

目次1 SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報1.1 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン1.2 SBI FXトレード (SBIFXトレード株式会社)2 SBI FX …

5

FX取引高6年連続世界第一位!GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグルー …

-経済指標・ニュース
-,

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.