東証でシステム障害(時事通信 / 2018年10月9日)

 

日本取引所グループ(JPX)は9日、東京証券取引所の株式の売買システムに障害が発生していることを明らかにした。

システムと証券会社をつなぐサーバーの一部に午前7時半ごろから障害が発生したという。証券会社は顧客の注文受け付けを一部停止し、株式売買に影響が出ている。

サーバーは東証の売買システムと証券会社をつなぐもので、計四つある。

このうち一つで障害が発生。

このサーバーを通じた発注ができなくなった。

復旧のめどは立っておらず、東証は原因を調べている。

JPXによると、証券会社は通常、複数のサーバーを併用。

残りの三つのサーバーは正常に稼働している。

東証は障害が発生していないサーバーを利用するよう証券各社に呼び掛けており、東証での取引は行われている。

障害の発生を受け、SMBC日興証券などでは自社のホームページ上で顧客に対し、売買注文の受け付け停止を案内している。

[時事通信社]

 

参考サイト


金融庁

経済産業省

財務省