Bitcoinも熱いけど ~ FX始めてみませんか?-賢いFX 口座開設の仕方を知っていますか?

FX口座開設キャンペーンまとめ

FXコラムまとめ

FX一筋の「トレード世界王者」が自身の手法を解説!

投稿日:

昨年の仮想通貨バブルで多数の億り人が誕生したが、1月以降の低迷相場で仮想通貨トレーダーも意気消沈。

今なお生き残っている投資家は、いかにして稼いでいるのか? 

リーマン・ショックなど数々の金融危機を乗り越えてきた為替トレーダーや、仮想通貨と為替を操る二刀流トレーダーも交え、最強投資家たちが大激突! 

「FX一筋」で今なお莫大な利益を稼ぎ続けている投資家がいた。

その手法を大公開

FX口座開設キャンペーン-DMMFX(DMM.com証券)-FX取引

◆チャートパターンにファンダを組み合わせた王道トレード!

世間には虚偽のトレード実績をアピールする人も……。

だが、バカラ村氏はまったくの別物だ。

「’15年の世界大会に続いて、今年は日本大会『ロビンスカップ・ジャパン』でも優勝できたんです」

バカラ村氏が優勝したのは由緒あるトレード大会。

35年の歴史を誇り、過去の優勝者には世界的に知られた大物トレーダーもいる。

「僕が世界大会に参加したのは’87年に優勝したラリー・ウィリアムズへの憧れからでした。ラリーはすでに名の知れたトレーダーだったにもかかわらず、リスクを恐れず大会に参加し、口座を100倍にするという圧倒的な成績で優勝したんです」

 ラリーは頻繁に来日し、日本の投資家向けにもセミナーを行っている人気のトレーダー。

バカラ村氏もすでに充分な知名度があるものの、尊敬するラリーに倣って参戦。

見事、「世界一」の称号を勝ち取ったのだ。

◆チャートパターンで相場急変の前兆を見極める

「日本大会に参加したのは別の理由です。FX業者3社が合同でひとつの大会を行うのは初めて聞く試みだったので、記念にと思って気軽に参加しました。ただ、トレードを始めたのは大会終了の2か月前。短い期間で優勝できれば、価値が高まるんじゃないか、と」

自らにハンディを科して優勝したバカラ村氏。そのトレードスタイルはテクニカル分析にファンダメンタルズを加味したスウィングトレードだ。

「日本大会中は円高トレンドが進んでいたため、米ドル/円を売っていました。この場面だと『フラッグ』からの下抜けを狙ってのエントリーですね」

フラッグとはトレンドの途中に形成される短期的な反発局面。

下降トレンドでものフラッグ型ーFXテクニカル分析

図のように、2本のラインで囲まれた部分が「旗」のように見えるために命名されたパターンだ。

「フラッグは通常、1週間から3週間ほどでブレイクすることが多いんです。下落トレンドだと、その期間はもう少し短くなり1、2週間。この場面ではフラッグが形成されてから1週間ほど経過したので、そろそろ下抜けしてもおかしくないと待ち構えていました」

フラッグを知っていても、ブレイクする期間まで調べている人は少ない。チャートを研究し倒したバカラ村氏ならではの分析だ。

「フラッグの下抜けを待っているときに飛び出したのが、ムニューシン米財務長官による『ドル安はアメリカにとってよいことだ』という発言。これに為替市場はドル売りで反応し、フラッグを下方ブレイクしました。エントリーしたのは110円70銭。ストップを切り下げながら、下落についていき109円で利益確定しました」

 なぜ、109円で利確したのか?

「トランプ米大統領が『最終的には強いドルが望ましい』と発言し、ムニューシンの火消しに回ったためです。財務長官と大統領の発言なら、後者のほうがよりインパクトは大きい」

 このように、チャート分析一辺倒にならないのがバカラ村氏の真骨頂。

 「ファンダメンタルズには短期的に相場を動かすだけの材料と、長期的な方向性を左右するメインテーマの2つがあります。最近でいえば、米朝首脳会談の中止と開催が話題となりましたが、それはあくまでも短期的な材料にすぎないと考えていました。今年のメインテーマは通商政策。年初には米中間で深刻化しましたし、春以降は日本やヨーロッパへも波及しつつあります」 

 アメリカが関税を引き上げれば中国も報復措置を取り、さらにアメリカも応戦して……と、報復合戦に発展したことは記憶に新しい。

「5月、日本のメディアが米朝首脳会談に注目している間にも、トランプ政権が輸入車への25%関税を検討しているとのニュースが流れました。輸入車への関税は日本への影響が大きく、中長期的にも円高リスクがある

 バカラ村氏は5月下旬にも円高を狙ってトレードしていた。

「通商問題だけでなく、米朝首脳会談の延期が取りざたされ、トルコリラやアルゼンチンペソが急落し、リスクオフの雰囲気が高まってきていた時期です。リスクオフなら円高が進みます。ユーロ/円も重要なサポートを下抜けして下落する気配がありました」

 リスクオフの円高を狙ってユーロ/円の売り、ということか。

「ユーロ/円も売ったのですが、ユーロは対ドルの1.15を下抜けるのが難しく、下げが一服する可能性も高かった。そのため、早めにクローズして米ドル/円の売りを継続。MACDでも、ドル高は限界に達していました」

◆ダイバージェンスから相場の転換点を察知

 MACDは相場の買われすぎ・売られすぎを示すポピュラーなテクニカル指標。

ただし、その活用法にはバカラ村氏なりのこだわりがある。

日足チャートを限界まで縮小し、1画面になるべく多くのローソク足を表示させる。

「MACDがどこで天底になるのかは、通貨ペアによって違いもあり、機械的に数字で決めることはできません。なるべく長期間のローソク足を見て、その通貨ペアが過去にどの水準で天底をつけたのか傾向を探る。そうやってMACDを見ると、ユーロ/ドルは売られすぎの限界に達していました」

 ただ、限界まで達しても、そのままいきすぎが続くこともある。

「反転のタイミングはダイバージェンスで測ることができます。ユーロ/円でも発生していました」

  ダイバージェンスは直訳すれば「逆行現象」。ローソクが高値を更新しいてるのにMACDは高値を切り下げている、というような逆行現象が起きると、相場の転換サインとなりやすいのだ。 

「それまでのドル高の原因は3.12%まで上昇していた米長期金利でした。しかし、『債券王』と呼ばれる大物投資家ビル・グロースが示していた年内の上限は3.15%。すでに上限に近づいていたため、反転する可能性があった。米金利が低下すれば、ドル/円も下がりやすくなるだろうな、と」

 今年の為替市場は債券市場に敏感。ドル/円のトレードでも、債券市場の動向を見ておいたほうがよさそう。

「こうした材料がそろっているなかで1ドル=110円のサポートラインを割っていったため、サポート割れ後の戻りでショートを入れました。予想以上に早く下げたため、米朝首脳会談中止の一方が流れてさらに下落したところで一部を利益確定しています」

 利が乗ってくればストップ(損切り)を切り下げる。損失を被るリスクを抑える工夫も重要だ。

「このときも途中でストップを切り下げています。ストップを建値まで移動させればリスクはゼロにして、利益を狙うことができますから」

  テクニカル分析からファンダメンタルズ分析、それに他通貨や債券など他市場の動向まで幅広く観察して判断していく世界チャンピオンのトレード。 いきなり全部を真似するのは難しいかもしれないが、得意な部分から取り入れてみよう!

《バカラ村流トレード3か条》

①MACDは長期で天底を確認

②市場の「メインテーマ」を重視

③ストップ切り下げでリスクを低減 

《バカラ村氏が仮想通貨に投資しないワケ》

 為替のみならず、あらゆるマーケットをウォッチしているバカラ村氏。実は、ロビンスカップ・ジャパン優勝の賞金は仮想通貨だと発表されていた。

 今後、仮想通貨に投資することはないのだろうか?

「ビットコインチャートはチェックしてはいます。軽く取引したことはありますが、ごくわずかな資金で運用した程度。年初まではボラティリティも大きく魅力的でしたが、コインチェック事件以降、ボラは着実に低下しています。

FXに比べるとスプレッドが広く、取引コストが高い点が残念です。

また、どのコインも同じ方向で動くのが難点。

為替市場なら通貨によって方向性が違うため、わかりやすい通貨ペアを選んで取引することができます。

ヘッジをかけることもできる。

仮想通貨は情報に偏りもある。こうした現状を考えると、リスクとリターンが見合わない。

今はFXに注力したほうが効率的に資金を増やせるのだろうな、と」

【バカラ村氏】トレード世界チャンピオン! 日本大会制覇で2冠達成!!

資産 秘密

初期投資額 数十万円

投資歴 12年

投資法 スウィング&デイトレード

使用テクニカル MACD、ボリンジャーバンド、チャートパターンetc.

投資先 主要通貨ペア全般

注目通貨 米通商政策の影響を受けるドルストレート

 司法試験の勉強中、生活費を稼ぐためにFXを開始。はじめの1年は利益を伸ばせなかったが、チャート分析を猛勉強。テクニカルアナリストの資格を取得して、スキルを磨き続けた結果、コンスタントに利益をあげるように。’15年にはトレード世界大会で優勝、’18年は日本大会も制覇。FX会社主催のセミナーで講師としても登壇する機会も多い。メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では自身の日々のポジションを公開中

FX口座開設キャンペーン-FX証券会社-FX取引準備-外為オンライン

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

「シストレ24」インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

・プロの投資戦略が500以上搭載。
・操作は簡単、選ぶだけ。
・各種手数料無料
・約定能力が高い強固なバックシステムを採用
・24時間、自動で売買

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 なぜ「複数口座がいい」のかというと... まず怖いのがシステムトラブル。 大事な ...

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ ...

3

  iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変 ...

4

SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報 新規口座開設&取引で最大80,000円プレゼント! ■キャンペーン期間 2017年4月1日~  終了しました ■キャンペーン概要 ※新規口座開設後、下 ...

5

GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグループ会社と協業し余分なコストを削 ...

-FXコラムまとめ
-,

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.