トランプ大統領「FRB利上げうれしくない」発言でドル急落

昨日の海外時間には、米金利が堅調に推移してドル買いが強まる場面もありましたが、トランプ大統領が「利上げをする度に、FRBは追加利上げを望んでおり、そうした状況をさほど喜ばしいとは感じていない」「(強いドルは)米国を不利な立場に置く」などと述べたことから米金利が低下する中ドルが急落しました。

見通し

トランプ大統領は、CNBCのインタビューでFRBによる利上げについて、経済を減速させる可能性があるとし「うれしくない(not thrilled)」と述べました。

また為替レートに関して、ユーロや人民元の下落とドルの上昇に言及して「われわれが不利な立場に置かれると言わざるを得ない」としました。

大統領がFRBの金融政策や為替レートに直接言及ことは非常にまれな事態です。

ただ、トランプ大統領はこれまでも大統領としては異例の言動を行っていることから、今後も同様の発言があるかもしれません。

ただ、金融政策に関してはトランプ大統領がFRBに対して介入をする可能性は非常に低いと考えられます。

一方為替レートに関する発言にはそれなりに市場が反応する可能性もあるため今後も注意が必要です。

一旦買い戻したが再びドル円戻り売り

113.00円で作ったドル円のドル売りポジションは昨晩のトランプ大統領発言後に112円を割り込めなかったことから112.25円で買い戻しました。

現在ポジションはありませんが、12.60円付近まで上昇した場合は再びドル売りのポジションを作ります。

欧州時間、東京時間から米金利が上昇していたことをうけてドル買いが優勢となりました。

NY時間序盤に発表された米新規失業保険申請件数が予想よりもいい結果だったこともあって、ドル円は113.10円台まで上昇し、ユーロドルは1.1570台まで下落しました。

しかしその後米金利が低下を始めたことからドル売りが優勢となって、ドル円は112.80円付近まで下落し、ユーロドルは1.1620台まで反発しました。

NY時間午後、東京時間深夜2時過ぎにトランプ大統領が「利上げをする度に、FRBは追加利上げを望んでおり、そうした状況をさほど喜ばしいとは感じていない」「(強いドルは)米国を不利な立場に置く」などと述べたことから米金利が低下する中ドルが急落し、ドル円は112.00円台まで下落し、ユーロドルは1.1670台まで上昇しました。その後ホワイトハウスが「トランプ氏は米金融当局の決定に介入していない」「(トランプ大統領はFRBの)独立性を尊重」をしたことからドルの買い戻しが優勢となって、ドル円は112.50円台まで上昇し、ユーロドルは11630台まで下落しました。

東京時間にはいって、日経平均が堅調に取引を開始したことから円売りが強まる場面もありましたが、取引開始から人民元が約13か月ぶりの水準まで売られたことを受けて、NYダウ、日経平均が急落したことから円買いが強まっています。

日銀の超長期国債買い入れオペ減額の影響もあって円底堅い展開

昨日の海外時間には、再びドル円が113円台に乗せる場面もありましたが、欧州時間には米金利が一旦低下したことから円の買い戻しが優勢となりました。その後各国株価が堅調に推移したことから再び円が売られ、クロス円が全般的に反発しました。

一旦低下した米2年債利回りですが、今日の東京時間には再び昨日の東京時間の水準まで上昇しています。

しかしドル円は反応せず、むしろ円買いが優勢となっています。

今日午前に行われた超長期国債の買い入れが減額されましたが、直後に円買いの反応とはなりませんでしたが、じわじわその影響が出て円が買われている可能性があります。

また昨日までの上昇で円買いのポジションが巻き戻され、反対に円売りのポジションがたまり始めていたこともドル円の上値を重くしていると考えられます。

昨日の欧州時間の上昇で一旦ドル円の売りポジションは損切りました。
しかし買いが続かなかったことから再び113円でドル売り円買いのポジションを作りました。

昨日の高値抜け113.20円に損切りを置いてポジションをキープしています。

欧州時間序盤、ドル買いが優勢となる中ドル円は113.10円台まで上昇しましたが、買いは続かず112.90円台まで反落しました。

この間ユーロドルは1.1600台まで下落したあと1.1630台まで反発し、ユーロ円は131.20円台まで下落しています。

NY時間にかけて、米金利が低下したことから円買いが優勢となって、ドル円は112.70円付近まで、ユーロ円は130.80円台まで、ユーロドルも1.1600台まで下落しました。

その後発表された米・6月住宅着工件数/建設許可件数が予想よりも弱い結果だったこともあってドル売りが優勢となってユーロドルは1.1660台まで、ユーロ円も131.40円台まで上昇しました。

しかし、米金利下げ止まって、各国株価が上昇したことから円も売り戻され、結果的にドル円は112.80円付近を中心としたもみ合いが続きました。

東京時間にはいって、寄り付き直後の日経平均が下落したことから円買いが強まりましたが、日経平均が下げ止まったこともあって、ドル円は安値からはやや反発しています。

一部で注目されたいた日銀の超長期国債買い入れは、前回の700億円から600億円に減額されましたが、直後には円買いにはなりませんでした。

参考サイト


金融庁

経済産業省

財務省