FX初心者向けの基本

株の乱高下を演出しているAIに惑わされるな

投稿日:

4月6日のニューヨーク(NY)ダウは572ドル安の2万3932ドル、ナスダックも161ポイント安の6915ポイントとそれぞれ約2.3%の大幅反落で取引を終えた。

NYダウの下げは、一時700ドルを大きく超す場面もあった。

これはドナルド・トランプ大統領による1000億ドルの対中国追加関税を受けて、米中貿易戦争への警戒感が再燃したためだ。

注目だった3月米雇用統計やジェローム・パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長講演内容の影を薄くした。

株の乱高下を演出しているのはAI?

ここまでNY株は激しく上下動を繰り返しているものの、波乱の原因は極めて限定された材料による。

大幅下落時の理由を見て見ると、まず2月2日のNYダウ665ドル安と、2月5日の1175ドル安の材料は、前者が金利上昇ペース、後者が賃金上昇・インフレ加速懸念と注目点は違うが、雇用統計の内容が原因だった。

次に3月1日の420ドル安、3月22日の724ドル安、4月2日の458ドル安、そして先週末572ドル安は貿易戦争懸念だ。雇用統計の発表は3月、4月もあったが、もはや材料にはならなくなった。

しかし、貿易戦争懸念は「本格的な撃ち合い」にならないと皆が思っているのに、よくもまあこれだけ何度も飽きずに売られるものだ。

人間投資家の心理ではない。おそらくヘッジファンドがAI(人工知能)の指示通りにやっている影響が大きいと思われる。

AIは自身で学んで進化すると言われているが、果たして「織り込み済み」の学習はしているのだろうか。

米中がカードの投げ合いをしているだけなのに、フェイントのカードを出すたびに、はっきり言って「馬鹿の一つ覚え」のように売ってくる。

その内AIも「織り込み度」を学習すると思うので、AIファンドの売りによって激しく動く今のうちに、AIの逆手を取れば、効率の良い投資が出来るのではないかと思うほどだ。

それほど激しい上下運動だが、少なくとも、個人投資家は巻き込まれてはならない。

前回3月26日の「逃げる外国人、日本株はどこで下げ止まるか」では、「意外に元気な日本の個人投資家」の取材報告をした。

基本が逆張りの個人投資家は、現在の建玉は評価損になっているが、待機資金は十分で、「下げたらまた買う」感じだ。

ただ、余裕の個人投資家に対して、CTA(商品投資顧問業者)等ヘッジファンドの一部には、かなり崖っぷち状態の連中もいると聞く。

今は、個人投資家同様、ファンド筋も動いていない(だから出来高は低迷している)。

しかし、同じ「動いていない」でも、個人投資家の余裕と違い、CTAファンドは「動けない」のだ。

彼らは、2月、3月の急落で相当なダメージを受けた。

本来なら4月で取り返すところだが、方向感のはっきりしない4月は勝負に行けないのだ。もし4月もやられたら暫く立ち直れなくなるからだ。

方向感のはっきりした場合の5月以降に勝負をかけて来ると思われる。

今は、小型株でトレンドの出ているものだけをチマチマとトレードしているようだが、2018年度の増益確保が見えてくれば、再びポジションを整えて来ると思われる。

彼らにとっては「FANG」に代表される米国のハイテク株の値崩れも大きなリスクで、勝負に出られない理由の1つだが、その点、今週、上下両院での2日間に渡るフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)の証言は、非常に大きな注目といってよい。

日経平均の割安放置状態はいずれ修正へ

それにしても、日経平均株価は予想PER(株価収益率)でいえば12倍台が続いている。今年に入り2月13日に転落して以来、数日は13倍台に戻ったものの、3月1日から再び12倍台に落ち、先週末では「26営業日連続」となっている。

アベノミクス相場でのPER12倍台は、いわゆる「投げ局面」で、2016年2月12日、同6月24日(この日1286円安)などに出ているが、両者とも1万5000円を割れていた。この時の予想EPS(1株利益)はそれぞれ1152円、1184円だった。現在は1700円である。確かに2018年度の最終利益については、一部に減益予想もあるが、経常利益ベースでは、増益を確保できるのではないか。いつまでも12倍台を続けるのは合理的ではない。

今週もはっきりしない展開が続きそうだが、2月本決算企業の決算発表は佳境に入り、3月本決算企業の動向もそろそろ見えて来る。日経平均株価は、ひとまず、25日、200日各移動平均線のある2万1300円~2万1400円台の攻防戦か。今週の日経平均予想レンジは2万1000円―2万1800円としたい。

 

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

 

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

「シストレ24」インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

・プロの投資戦略が500以上搭載。
・操作は簡単、選ぶだけ。
・各種手数料無料
・約定能力が高い強固なバックシステムを採用
・24時間、自動で売買

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 なぜ「複数口座がいい」のかというと... まず怖いのがシステムトラブル。 大事な ...

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ ...

3

  iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変 ...

4

SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン ■キャンペーン期間 2018年8月1日(水)0時00分~2018年8月31日(金)24時 ...

5

GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグループ会社と協業し余分なコストを削 ...

-FX初心者向けの基本
-

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.