FXコラムまとめ

米国株急落で、なぜ日本円だけが買われるのか?

更新日:

2月2日の米国株急落に端を発する世界的な金融市場の混乱のなかで、為替市場ではJPYが独歩高となり、USD/JPYは6日の日本時間午前に108円半ばで下落しました(2日の米国時間早朝は110円前半で推移)。

なぜ日本円だけが買われるの?

主要通貨のなかでJPYに買いが集中した理由として考えられるのは、EURが調達通貨としての魅力を失いつつあることが挙げられます。

調達通貨とは、投資目的でおカネを借り入れる際に用いられる通貨であり、通常、低金利通貨がその対象になります。

投資家は低金利通貨を売っておカネを”調達”し、それを高金利通貨などへと投資します。

つまり、投資家のリスクテイク志向が旺盛な時ほどJPY等の調達通貨が売られ、その反対の時に買われるという構図です(買われる時は逃避通貨と呼ばれます)。

EURは、欧州中央銀行(ECB)による資産購入の停止とその後の利上げが意識されていますから、金利に先高感が生じており、最近は調達通貨としての性格が弱くなっている可能性が濃厚です。

リスク志向が強まってもEUR売りが進みにくくなっており、反対にここ数日のようなリスク回避姿勢が強まる局面において、逃避通貨としての需要が膨らみにくいのでしょう。

2015-17年はECBの積極的な金融緩和(マイナス金利&量的緩和)の結果としてEURがJPYと同様の性格を帯びたことから、調達通貨の需要がEURとJPYに分散しました。

ゆえに、JPYが独歩安(高)になる場面が少なかったですが、足元ではJPYが持つ調達通貨の性格が際立ち始めていることから、このようにリスク回避姿勢が強まったときに独歩高となりやすいと考えられます。

リスク選好下で調達通貨になるということは、リスク回避時に逃避通貨になることを意味します。

今そうした性格が最も強いのは、金融緩和の出口が最も遠いJPYです。
従ってUSD/JPYは株式市場の混乱が収束するまで下方リスクが高いと判断されます。
USD/JPYは105-107程度までの下落を想定しておくべきでしょう。

 

昨日の海外時間では、NYダウが過去最大の下落幅を更新するなど米国株が暴落し、米国債利回りが急低下したため、円が全面高となりました。

ドル円は一時108.994円(当社レート)を示現し、109.00円を下抜ける動きとなりました。

米・1月ISM非製造業景気指数が前月比+3.9ポイントの59.9と10年半ぶりの水準に急上昇したこともあり、ダウは寄り付き直後の355ドル安から1時間程度でマイナス分をほぼ完全に取り戻す動きもみられましたが、世界的な国債利回りの上昇を背景とする株の先安観は強く、結局は株安円買いの流れが継続しました。

昨日の海外市場は、株の暴落により一気にリスク回避の動きが強まりました。

NYダウの引けは1175ドル安の24345ドルと12月8日以来の安値を更新し、下げ幅は2008年9月のサブプライムローン問題発生時の728ドルを上回る過去最高に達するなど、歴史的な株安の動きとなりました。

また、ユーロドルに関しては、米・1月ISM非製造業景気指数を筆頭とした強い米経済指標や株安の影響で上値の重い展開になりました。

独大連立政権協議がこの日も決着しなかったことを受けたリスク回避の売りで、一時1.23632ドル(当社レート)に下落する場面がありました。

本日の東京時間においても、日経平均株価が前日比1000円超の下落となっており、株安の動きに歯止めがかかっていません。

引き続き、各国の株価動向が注目されそうです。FF金利先物市場の3月利上げの織り込みは63%に急低下しています。

本日の日経平均株価の下落幅によって、海外時間の動向に変化があるかもしれません。

昨日のシカゴ日本株先物の清算値は21405円であり、東証終値を1277円も下回っています。

本日は、この水準に迫ってはいるものの、21405円を下回っておらず、この水準を下回るようであれば、再度パニック的な株売りが入ってもおかしくない状況にあるのではないでしょうか。

世界的な株安の影響でリスク回避の円買いが強まり、ユーロ円は136.00円割れの水準を下抜けてしまったため、136.30円でのユーロ買い円売りのポジションは損切りとなりました。

ここまで株安が進行している以上、リスク回避の円買いの動きは当面強まるのではないでしょうか。

110円台で上値の重さが確認されたドル円をターゲットとし、110.20円上抜けを損切りのラインとし、109.50円付近でのショートポジションをまずは想定したいと思います。(FXプライムbyGMO)

東京株、一時1200円超安=2万2000円割れ

米国の長期金利上昇をきっかけとした世界的な株安の動きが止まらない。

5日の米ダウ工業株30種平均は過去最大の下落幅を記録。

これを受け、6日の東京株式市場は幅広い業種が値を下げて始まり、日経平均株価の下げ幅は一時1200円を超えた。

 日経平均の午前終値は、前日比1194円21銭安の2万1487円87銭と大幅続落。
英国が欧州連合離脱を決めた国民投票を受けて急落した2016年6月24日(終値ベースで1286円安)以来の下げ幅となった。

 米国株は昨年後半からほとんど休みなく上昇してきたため、スピード調整的な株価の下落は避けられなかったとの見方は多い。

さらに、「低金利状態に慣れていたため、米国の金利上昇で投資家心理が一気に悪化した」(国内証券)という。

 東京市場の6日午前の取引では東証1部上場銘柄の99%が下落するなど、売り一色となった。

中国・上海や韓国、シンガポールなど他のアジア市場でも株価指数が軒並み下落している。 

米国株安が早期収束しなければ円高に弾みも

米国株が急落し、リスク回避ムードが広がっている割には、ドル/円の下落が限定的なものに留まっているという印象だ。

年初からドル安傾向が続く中で、ドル/円は約10日前に108.28円と4カ月ぶり安値まで下落しており、ドルロングが累積していなかったという需給環境が背景にあるとみている。

さらに、投機筋は現行水準から、新たに対ドルで円ロングを構築する雰囲気にはまだなっていない。

米国株の急落にいったん歯止めがかかれば、年3回から4回へとペースが上がっていた市場の米利上げ期待も急速に後退し、利上げがより緩慢なペースで行われるという期待に収れんしてくるだろう。

より落ち着いたペースでの利上げが織り込まれていけば、株式市場も債券市場も安定を取り戻し、ドル安にも歯止めがかかりやすい。

しかし、米国株の下落が早々に収まらない場合には、まず、ドル/円に比べて投機的な円ショートが溜まっているクロス円で、円ショートの巻き戻しが誘発されるだろう。

そして、円高に弾みが付き、それがドル/円に波及してくる可能性が十分にあるとみている。<FXプライムbyGMO 常務取締役 上田眞理人氏>

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

「シストレ24」インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

・プロの投資戦略が500以上搭載。
・操作は簡単、選ぶだけ。
・各種手数料無料
・約定能力が高い強固なバックシステムを採用
・24時間、自動で売買

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 なぜ「複数口座がいい」のかというと... まず怖いのがシステムトラブル。 大事な ...

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ ...

3

  iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変 ...

4

SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン ■キャンペーン期間 2018年8月1日(水)0時00分~2018年8月31日(金)24時 ...

5

GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグループ会社と協業し余分なコストを削 ...

-FXコラムまとめ
-, ,

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.