日経平均は約57年ぶり14連騰、歴代最長タイ記録

Pocket
LINEで送る

東京市場で日経平均は14日続伸した。連続上昇日数としては1960年12月21日 ─1961年1月11日以来、56年10カ月ぶりとなる連騰で、最長記録に並んだ。

円安一服などを背景に利益確定売りに押されたものの、米上院が2018年度の予算決議案を可決したと伝わると、先物主導でプラスに転じた。

大引けにかけて前日終値を挟んだ攻防が続いたが、下値では押し目買いが入り、プラス圏で取引を終えた。

前場の日経平均は、米国市場でのアップル(AAPL.O)株下落が電子部品などハイテク株の重しとなって、一時は前日比85円安まで下落したが、米上院で予算決議案が可決されたことを受け強含んだ。

ただ歴代最長レベルの連騰による高値警戒感も根強く、上値は限定的。

後場に再びマイナス圏に沈む場面があったが、下値の堅い展開が続いた。

「日本株の底堅さを示した。米国の政策進展も想定より早まった印象。良好な地合いが続いている」(岩井コスモ証券・投資情報センター長の林卓郎氏)との見方が出ている。

TOPIXは前日比0.03%高で取引を終了。

東証1部の売買代金は2兆4705億円だった。

セクター別では水産・農林、ゴム製品、保険などが値上がり率上位になった一方、海運、銀行、パルプ・紙などの下げが目立った。

個別銘柄では、17年4―9月期業績予想の上方修正を19日に発表したネットワンシステムズ(7518.T)が続伸した。

情報セキュリティ対策を軸としたネットワーク基盤やクラウド基盤ビジネスが好調に推移しているといい、連結純利益は純来予想の5億円から15億円に引き上げた。

Pocket
LINEで送る