FXコラムまとめ

現行緩和策を粘り強く継続、物価2%に時間かかるとの声=4月日銀会合

更新日:

日銀が10日に公表した4月26、27日の金融政策決定会合の「主な意見」によると、消費者物価の上昇が鈍い中で、物価2%目標の実現に向け、現行の金融緩和策を粘り強く続けていく重要性を指摘する声が目立った。

日銀は同日の会合で、長期金利目標をゼロ%程度、短期金利目標をマイナス0.1%とする現行の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の維持を賛成多数で決めた。

主な意見では、物価動向に関して「2%に向けたモメンタムは維持されているが、なお力強さに欠ける」「日本では2%の物価安定目標の達成に、欧米に比べて時間がかかる」など、慎重な見方が政策委員から示された。

これを踏まえた金融政策運営について、複数の委員が現行政策を「粘り強く続けることが最善の策」としたほか、「粘り強く緩和的な金融環境の維持に取り組むべき」と指摘。「脱デフレ完遂に息長く取り組むことが必要」との意見もあった。

同時に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、景気判断を「緩やかな拡大に転じつつある」に上方修正した。

会合では、物価の先行きについて「景気の緩やかな拡大が続き、需給ギャップのプラス幅が一段と拡大してくれば、次第に明確な上昇に転じると見込まれる」などといった楽観的な意見が複数示された。

一方、物価上昇に重要な期待インフレ率について、一部の委員は「適合的な期待形成を通じた押し上げの力には不確実性がある」と述べ、今後、実際の物価の上昇に応じたインフレ期待の高まりに懐疑的な見方を示している。

 

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 目次1 なぜ「複数口座がいい」のかというと…2 複数口座開設のメリッ …

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ …

3

  目次1 iサイクル注文とサイクル注文の違い2 iサイクル注文新機能「トレンド」とは?3 「トレンド」機能のメリット・デメリット4 デモ口座の開設 iサイクル注文とサイクル注文の違い i …

4

目次1 SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報1.1 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン1.2 SBI FXトレード (SBIFXトレード株式会社)2 SBI FX …

5

【キャンペーン情報】 「GMOクリック FXneo」リリース記念!アプリで1回取引して3,000円プレゼント!   FX取引高6年連続世界第一位! GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原 …

-FXコラムまとめ
-

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.