FX口座開設キャンペーンまとめ

6月景気動向指数、2カ月ぶり上昇 基調判断据え置き=内閣府

   


[東京 7日 ロイター]

– 内閣府が7日公表した6月の景気動向指数(速報、2010年=100)は、足元の景気を示す一致指数が117.2と前月比1.4ポイント増え、2カ月ぶりに上昇した。

一致指数から機械的に判断する景気の基調判断は「改善を示している」で、9カ月連続で据え置いた。

一致指数を構成する指標のうち、「鉱工業用生産財出荷指数」や「耐久消費財出荷指数」など5指標が改善し、悪化したのは「商業販売額(卸売業)」と「商業販売額(小売業)」の2指標だった。

先行指数は106.3で前月比1.6ポイント上昇し、2カ月連続の上昇となった。

 

内閣府 ー 景気動向指数の利用の手引

 

景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標である。

 

 景気動向指数には、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。 CIは構成する指標の動きを合成することで景気変動の大きさやテンポ(量感)を、DIは構成する指標のうち、 改善している指標の割合を算出することで景気の各経済部門への波及の度合い(波及度)を測定することを主な目的とする。

 

 従来、景気動向指数はDIを中心とした公表形態であったが、近年、景気変動の大きさや量感を把握することがより重要になっていることから、 2008年4月分以降、CI中心とした公表形態に移行した。 しかし、DIも景気の波及度を把握するための重要な指標であることから、参考指標として引き続き、作成・公表している。 なお、景気転換点の判定にはヒストリカルDIを用いている。

 

 CIとDIには、それぞれ、景気に対し先行して動く先行指数、ほぼ一致して動く一致指数、遅れて動く遅行指数の3つの指数がある。 景気の現状把握に一致指数を利用し、先行指数は、一般的に、一致指数に数か月先行することから、景気の動きを予測する目的で利用する。 遅行指数は、一般的に、一致指数に数か月から半年程度遅行することから、事後的な確認に用いる。

 

 CIとDIは共通の指標を採用しており、採用系列数は、先行指数11、一致指数9、遅行指数9の29系列である(2017年1月分以降、「規模別製造工業生産指数」(中小企業庁)公表休止のため、一致指数において「中小企業出荷指数(製造業)」を採用系列から除外し、10指標から9指標に変更)。 採用系列は概ね景気が一循環(谷→山→谷)するごとに見直しを行っており、現行系列は、第15循環の景気基準日付確定時(2015年7月)に選定された。

 

 - FXコラムまとめ , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日銀緩和「円滑な出口模索」、消費増税凍結も

希望の党(代表、小池百合子東京都知事)は、22日投開票の衆院選公約で、金融緩和と …

【NEWS】氷河期の証券業界、突然増加の裏事情

Business Journal / 2017年6月9日より 事業環境の悪化によ …

【話題】ビットコインの凄いところ、イノベーション

目次1 ビットコインの凄いところ1.1 Mastering Bitcoinからの …

中国人シングルマザー投資家が確実に儲けてきた超攻撃的な投資手法とは?

投資のリスクを抑えるのに有効なのが「分散投資」であり、その際、どんな投資対象にど …

This site is protected by wp-copyrightpro.com