仮想通貨&FX口座開設キャンペーンまとめ


記事をキーワードで検索する



タグで絞り込む



新仮想通貨ビットコインキャッシュ、取引は低調な滑り出し

      2017/10/27


仮想通貨「ビットコイン」の分裂によって1日に誕生した「ビットコインキャッシュ(BCC)」は、取引を承認してブロックチェーン(分散台帳)にデータを書き込むマイナー(採掘者)

の支持がそれほど集まらなかったため、低調な滑り出しとなった。

[PR] アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

 

BCCの創出を主導したのは中国に拠点を置くマイナーのグループだった。

ただ仮想通貨データ提供会社によると、いざふたを開けて見ればBCCを支持するマイナーがごく少数しか現れず、最初のBCCが採掘して生み出されるまでに6時間近くを要した。

ビットインフォチャート・ドット・コムのデータでは、BCCの複数の取引所における価格の平均は146.37ドル。

ビットコインはビットスタンプの取引価格が2729ドルと前日比4.6%下落した。

別の仮想通貨DASHの開発運営を手掛けるダッシュ・コアのライアン・テーラー最高経営責任者(CEO)は、BCCが短命に終わる可能性もあると指摘。

「BCCは取引規模拡大(への対応問題)を解決していない。単に台帳を少し大きくしただけで動き出したものの、利用者がずっと多くなることに適用できる信頼性の高い技術を欠いている」と話した。

【PR】日本発”国境のない”仮想通貨 エターナルコイン

 - ビットコインについて , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日本の仮想通貨取引所ビットフライヤー、米国で事業免許取得

 ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は28日、日本の仮想通貨取引所のビッ …

仮想通貨の新規公開は一体どこが危ないのか ICOは中国では全面禁止に、日本の規制は?

スタートアップ企業の資金調達手段として注目される「新規仮想通貨公開(ICO=In …

ビットコイン先物上場シカゴ・オプション取引所

ビットコイン先物の1カ月物は11日の取引開始後に一時20%以上上昇。 その後は1 …

仮想通貨ビットコインが分裂か、中核技術に新規格の可能性

仮想通貨ビットコインは、8月1日に中核技術であるブロックチェーン(分散型台帳)に …