FXコラムまとめ

米金融政策の視界をさえぎる複合要因

更新日:

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の任期満了(2018年2月3日)が刻々と近づいている。

FRBは年内、あと1回の0.25%の追加利上げと、量的緩和からの正常化であるバランスシート縮小に着手する意向を示している。
だが、本当に実行されるのかと言えば、不確実な情勢だろう。

不確実性の背景には、低過ぎるインフレ率がある。
イエレン議長は、需給の緩み(スラック)が小さくなればインフレ率が上がるという関係を諸判断の根幹に据えてきた。
だが、失業率は4.4%まで低下しているのに、賃金上昇率は抑制されている。

今の賃金上昇率では、一般物価で目標のインフレ率2%にはなかなか届きそうにない。

この問題は、いっそう複雑になっている。
FRBは、インフレ率が低下したことについて、携帯電話サービス、処方箋薬の価格下落など一時的要因によるものだとの見方を示しているが、この説明は納得を得られていない。

有効求人倍率が大きく上昇している日本も、失業率が低下している欧州も、米国と同じく、低いインフレ率に直面しているのである。
世界同時的とも言えるこの問題を、米国の携帯電話サービス料金で説明するのは無理があるだろう。

さらに、原油価格の上昇が止まり、期待インフレ率が上昇しないという問題が迫ってくる。
インフレ率は、スラックと期待インフレ率で決まるとみるのが現実的だが、期待インフレ率に対しては原油価格の影響が大きい。
原油価格は、昨年後半こそ、石油輸出国機構(OPEC)の減産合意の動きがあって上昇したが、その上昇は止まっている。

もうすぐ、前年比の上昇はなくなってしまう。要するにスラックも期待インフレ率も、目標の2%に到達できていない一般物価のインフレ率を押し上げる動きになっていないのだ。

これでは、物価安定の責務を達成しているとは言えず、バランスシート縮小、追加利上げを確実視することはできない。

ちなみに、次の米連邦公開市場委員会(FOMC)は9月19―20日開催予定であり、長い時間が空く。
その間に発表される物価統計が、米金融当局者によるインフレに関する説明への不信を小さくするよりも大きくする可能性の方が高いだろう。

加えて、今の政治情勢では、予算審議の難航は必至であり、債務上限問題の先行きが懸念される。9月19―20日は、その紛糾の最中かもしれない。

このような状況で、やってみないとどういう影響が出るのかわからない面の多いバランスシート縮小に本当に着手できるのか。不確実性の度合いは9月19―20日に向けて大きくなるとみられる。

 

<FRB人事を巡る視界不良>

また、同時進行でFRBの議長交代、大幅刷新に向けた動きが始まっている。これは、2018年以降の金融政策を一段と見えにくくしている。

第1に、FRB理事は7人が定員だが、来年にかけて5人の新理事が入ってくる。空席が3つあり、イエレン議長とフィッシャー副議長の任期はそれぞれ2018年2月3日、同年6月12日に切れる。

5人の理事交代があれば、政策は不連続になる。中でも、エコノミスト理事が加わることによる影響には注意が必要だ。プリンストン大学教授だったバーナンキ氏が理事になった際の持論は、インフレ目標だったが、その主張は実現した。

そして、バランスシート拡大停止には、非伝統的な金融政策に懸念を示していたスタイン元理事(ハーバード大学教授)の影響があったと思われる。ちなみに、報道で名前が挙がっているカーネギー・メロン大学のグッドフレンド教授が理事に就くのであれば、ゼロ金利になった場合の対応として同氏が主張しているのはマイナス金利政策である。

第2に、コーン国家経済会議(NEC)委員長、スタンフォード大学のテイラー教授、コロンビア大学のハバード教授、ウォルシュ元FRB理事ら、報じられている後継の議長候補者たちは、今の政策決定には関与していない。バーナンキ氏は、グリーンスパン議長時代のFRB理事。イエレン議長は、バーナンキ議長時代にサンフランシスコ地区連銀総裁、副議長だった。

両氏とも議長就任前から政策決定に深く関与していたので、ある程度の連続性を見込むことができた。しかし、今回の議長交代は、イエレン議長再任でなければ、大きな不連続があり得る。

第3に、FRB副議長が2人体制になる(1人は金融規制監督を担当)。物価安定と持続可能な雇用の最大化という従来からの責務の傍らで、経済成長に資する金融システムの設計・施工においてFRBへの期待を大きくするものとなるだろうが、2人の副議長に温度差がある事態を市場は経験しておらず、不確実性はこの点でも高まるだろう。

 

おすすめFX会社人気ランキング

投資スタイルごとにFX会社を選ぶ基準(優先順位)が違います。
ここでは、純粋にアクセスが多い、人気順にランキングしています。

 

DMM FX

DMM FX

FX口座数が国内1位で今最も勢いのあるFX会社です。
スプレッドは全通貨ペアが業界最狭水準で手数料が安く、業界初のLINEカスタマーサポートもあり平日24時間サポートです。
無料でデモ取引ができ、安心・安全の完全信託保全で初心者にも人気があります。

①FX業界最狭水準のスプレッド

②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

FXブロードネット

初めてのFX取引[FXブロードネット]

『FX』をもっと身近に感じてほしい。

そんな想いからまずユーザー様の負担を軽減、コスト安に拘りました!

≫1000通貨でも手数料0円(無料!)
 少額取引から挑戦できます

≫クイック入金で振込手数料0円(無料!)
 出金手数料も弊社持ち

≫ロスカット手数料0円(無料!)
 
≫無料セミナー実施中(もちろん無料!)
 どなたでも参加頂けます。


その他にもカスタマイズできる取引画面や17種類のテクニカルチャート搭載。 
 FXブロードネットにしかできない充実の取引環境を提供しています。

「シストレ24」インヴァスト証券株式会社

インヴァスト証券

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

・プロの投資戦略が500以上搭載。
・操作は簡単、選ぶだけ。
・各種手数料無料
・約定能力が高い強固なバックシステムを採用
・24時間、自動で売買

おすすめ記事

1

FXの取引では複数のFX会社を使い分けるのがいいと言われているのを知っていますか? そのメリット・デメリットについて。 なぜ「複数口座がいい」のかというと... まず怖いのがシステムトラブル。 大事な ...

2

シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイ ...

3

  iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変 ...

4

SBI FXトレード新規口座開設キャンペーン情報 新規口座開設「日経チャンネルマーケッツ」無料視聴キャンペーン ■キャンペーン期間 2018年8月1日(水)0時00分~2018年8月31日(金)24時 ...

5

GMOクリック証券は取引手数料は0円で、原則固定スプレッドも米ドル/円で0.3銭と、業界最安値水準の手数料で取引を提供しています。 高いシステム開発力を持つGMOのグループ会社と協業し余分なコストを削 ...

-FXコラムまとめ
-

Copyright© FX口座開設キャンペーンまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.