FXで1億円を稼ぐ人のテクニック~8つのポイント

 

FXで1億円を稼ぎ出す、トレーダーの方に、少額資金から始める、FXで稼ぐためのテクニックについてインタビュー記事をまとめました。

FXで稼ぐ為のテクニック8つ

先に結論から言いますと、次の8つのポイントがあるようです。

①損失が出た時に、金額ではなく、自分の資産の何%なのかを考える
少額資金で始めた時に陥りがちなNGな考え方。少額でも大金でも、基本的な考え方は変わらない。

②FXは簡単に勝てないことを知る
どんな方法があるのか、すでに稼いでいるトレーダー達に勝つためには、努力が必要である。

③負けてもすぐに手法を変えない
必ず検証して何が悪いのか突き止める。
ちょっと試して損失が出ると、すぐにダメだという考えはNG。どうして損失が出たのか検証する。

④いかに負けを少なくするか、考える
どんな手法でも、100%勝つ方法はない。
まず損切りを徹底する。損切りから手法を変えてみる。

⑤損切りの幅が決まったら、それをベースにレバレッジや利食いの幅を決める

⑥むやみにトレードしない
負ける人の特徴として、トレードの回数が多い。
トレードしないタイミングを見極める事が重要。

⑦チャートを見るときに、時間足を固定しない
5分足で今日は自分の手法に合わないな、という時でも、他の時間足で見ると、合っていたりする。
同様に、通貨ペアも固定しない。クロス円にこだわって失
敗する人が多い。

⑧トレードの記録を作り自己管理をしっかりする
損切り幅をどうしているとか、いくら負けたらデモトレードに戻る、といった、トレードルールを決めて、紙に書いてPCのそばに貼っておくとよい。

 

ここで、お話を伺ったトレーダーのプロフィールをご紹介。

A氏 トレンドライン、チャートをベースにした投資手法で、月に1000pipsの利益

B氏 トレーダー歴6年 ボリンジャーバンドを主体にした投資手法で、累積利益1億円達成

 

Bさん、3万円から始めるような少額資金で稼ぐ為のテクニックを教えて欲しいとのことなんですが、普段から心がけている事とかありますか?

 

そうですね、基本的なトレード手法の考え方としては、少額でも高額でも変わらない事が大切だと思います。

 

確かにその通りですね。3万円くらいならいいや、と損失が出た時に思ってしまいがちですが、自分の資産のすべてを失った、と考えると怖い話です。

 

はい。損失が出た時に金額ではなく、自分の資産の何%を失ったのか、という考え方ができないと、金額が大きくなった時、失敗すると思います。
資産の50%の損失を出した時に、3万円からだと、1万5千円の損失でしかありませんが、100万円の資産だった場合、50万円も失っているわけですから。

 

その考え方にもつながるのかもしれませんが、勝てない方を見ててよくあるのが、ちょっと損失が出てしまうと、すぐにこの手法はだめだ、とブログや本に書いてある手法を次々に試している方、いますよね。

 

それはダメですよね。損失が出たら検証をしないといけません。相手は経験豊富なトレーダー達がたくさんいるわけですから、簡単に勝てるわけがありません。勉強して検証して努力しないと勝てる手法でも勝てません。

 

はい。検証は必要ですね。何が悪いのか、検証することで次に進めます。そういった中で、自分に合った投資手法を見つけないと、少額でも高額でもFXでは失敗しますよね。

 

投資手法を考えるにあたっては、いかに負けを少なくするか、を考えることが大事です。100%勝てる方法はありません。まずは損切りを徹底する、ことから始めるのがいいかと思います。

 

損切りから手法を変えていく、という事ですね。損切りの幅をベースにレバレッジや利食いの幅を決めていくという考え方。

 

あと、負ける人の共通点として、トレード回数が多い、むやみにトレードをしているという事があります。

 

トレードするタイミングを見極められない、ということですか。自分の手法が合うタイミングが分からないから、負けを取り戻そうと回数が増え、さらに損失を増やしてしまう、ということですね。

 

はい。たとえば、チャートを見て、自分の手法に合わないトレンドラインだったら、トレードをしない、引く勇気が必要です。

 

逆に、自分の投資手法が合わないと思っても、チャートを見るときに時間足を変えてみるとチャンスがあったりしますね。

通貨ペアについても同じで、クロス円にこだわるばかりにユーロ/ドルでのチャンスを見逃すとか。チャンスを見逃して、自分の手法はダメだと思い込み、また違った手法で同じ失敗をする、という事がありますね。

 

どうしても、自分の投資手法が合わないとか、タイミングが分からない、という場合は、デモトレードで自分がいくら儲けられるのか、どのタイミングがいいのか、納得がいく結果が出るまでテストして、リアルトレードに戻ってくるべきです。

 

そのためには自己管理をしっかりする事が大切ですね。トレードの記録を作り、損切り幅とか、いくら負けたらデモに戻ってやり直す、といったトレードルールを明確にしておくと分かりやすいですね。

 

私も以前は、自己管理ができず損失を出してしまいましたので、今では、トレードルールを紙に書いてパソコンに貼り付けてます(笑)

 

高額キャッシュバックキャンペーン比較

まとめ

FXで億単位の金額を稼ぐ人たちの共通認識として、少額資金で始めるにせよ、潤沢な資金があるにせよ、FXをやる上では、自分のスタイルを持ち、そのタイミング以外でのむやみなトレードしないこと、その上で、チャンスを逃さないように柔軟なチャートの見方を覚える、理解する努力が必要、と言えそうです。

損失を出してしまったら、デモトレードに戻り、何が悪いのか検証し、自分で理解し納得して、またリアルトレードに戻ってくる、というサイクルを繰り返すことが大事なんですね。

最後にB氏がおっしゃっていました。このトレードルールをしっかり決めて、検証を繰り返していけば、必ず勝てるようになる、と。

関連記事
初心者はデモトレードでFXの感覚をつかもう
FXデモトレードとは ほぼ全てのFX会社がデモトレードを提供しています。デモトレードがないと取引ツールの使用感やスマホアプリの操作性がテストできないためです。 特に初心者の人はデモトレードを経験すべきです。 FXに投資する...

iサイクル注文(外為オンライン)「トレンド」デモ取引やってみた
iサイクル注文とサイクル注文の違い i サイクル注文とは? あらかじめ指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE+OCO 注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変動に合わせて変動幅を追従させ、(変動幅...

トラッキングトレード(FXブロードネット)をデモ口座でやってみた
トラッキングトレード(FXブロードネット)は、トレンド追従型の自動売買システムです。 為替レートは上げ下げを繰り返しジグザグに動く性質があり、価格はトレンド(上昇・下降・横ばい)を形成する特徴があります。 トラッキングト...

シストレ24フルオートのデモトレードの始め方(インヴァスト証券)
シストレ24(インヴァスト証券)にもデモ口座が用意されており、お金をかけずに無料で疑似取引が体験できます。 しかし、iサイクル注文やトラッキングトレードのように、正規口座を開設前(住所氏名登録とかマイナンバー提示とかしなくても)に、メ...